時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様よりお預かりさせていただいたIWCのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【IWC】

今年の春先にも一度セイコーのお時計をお任せいただきました、兵庫県のK様よりお預かりしたIWCのお時計。本日、無事に修理を完了して窓口に到着致しました。

「恐らく20年以上放置されていて、修理不可能かと思っていたので、修理可能とのことで嬉しいです。」

と、修理を進行するにあたりお喜びのお声をうかがうことができました。
1970年代後半に、K様のお母様がお使いになられていたお時計とのこと。オーバーホールと、ひげゼンマイと呼ばれる部品の交換により、規則正しくチクチクと時刻を刻むようになりました。あらためて命を吹き込まれたようなお時計を拝見し、わたくし石川も感動致しました。
お母様もきっとお喜びいただけることと存じます。K様、数ある修理店から時計修理工房をお選びいただきありがとうございました。お手元に届くまで少々お時間を頂きますが、楽しみにお待ちくださいませ。

今日の業務目標

  • 定例会議のため、日中スタッフの人数が少ない時間帯が長いですが、業務とお客様のご対応に努めます。→奥平さんと助け合いながら精一杯努めました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 15734、15854のお客様へお電話でご連絡を致します。
  • 午前中に修理を完了したお時計の発送業務を完了させます。

日報作成時間

19:45 – 20:20

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA