本日もお問い合わせやご来店をいただきありがとうございました。私事ではございますが…午前中に健康診断を受けた際の採血のせいか、はたまた夏の暑さのせいか。頭がぼんやりする時間帯があり、どうにか終業まで乗り越えました。具合が良くない時には、スタッフの皆さんがカバーして下さいます。いつもよりもお電話や窓口で皆様とお会いすることが出来ず申し訳ございませんでした。猛暑にふさわしい気温の日々が続きますが、皆様もご自愛下さいませ。
また、8月11日(祝・木)〜14日(日)を夏季休業とさせて頂きます。誠に勝手ではございますが、お電話やメールでのお問い合わせおよびご来店のご対応を致しかねますのでご了承いただきたくお願い申し上げます。修理完了のご報告など、出来る限り事前のご連絡ができますよう努めてまいります。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様からお預かり致しましたグッチのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【グッチ】

窓口で昨日お預かり致しました、N様のグッチのお時計でございます。

「父親からもらった時計みたいで、大事にしてる時計でさ。電池交換してもダメみたいなんだよね。」

奥様のお時計でしょうか。男性のN様が差し出されたのは、金色の華奢で美しいデザインが特徴的なレディースのお時計。電池式のため先日電池の交換を他店で行われましたが、止まってしまうなどの動作不良を起こしてしまうのだそうです。
N様はお話がお上手な方でいらっしゃいます。短い問診の会話のなかでも真剣に話に耳を傾け、ときにはジョークで笑わせてくださいながら、お時計の仕組みや修理方法の可能性について熱心に質問を投げかけてくださいました。お優しいお人柄と、大切なお時計をおまかせいただくのだということが伝わりました。
内部機械のムーブメントに異常をきたしている可能性が高いと考えられます。もちろん、これは過去の履歴などから見るわたくし石川(いしかわ)の見解でございまして、実際には職人さんが内部をしっかりと点検しますので、最適なご案内を整えたく存じております。N様、先日はご来店いただき、またお時計をお任せくださりありがとうございました。どうぞこれよりよろしくお願い致します。【20263】

今日の業務目標

  • 午前中に健康診断、職人W様の元への訪問を済ませ、通常業務に滞りの無いよう努めます。→体調不良により通常業務のスピードがやや落ちました。明日カバー致します。

今日の業務スケジュール

10:00 – 健康診断のため病院へ外出しました。
12:00 – 職人W様を訪問。修理を完了したお時計を受け取り、お話を伺い、帰社しました。
13:00 – 修理を完了したお時計のご郵送の準備、お客様へのご連絡、お時計の修理完了期日順の振り分けを行いました。
15:00 – 休憩を取りました。
16:00 – ホームページに掲載するスタッフ写真の更新のため、撮影を行っていただきました。
17:00 – 職人さんから届く、お見積りのベースとなる見解書の整頓を行いました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 引き続き、修理を完了したお時計の最終点検を行い、お客様へご報告のご連絡およびご郵送準備を行ってまいります。

日報作成時間

19:10 – 19:50

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同