時計修理工房の柴野でございます。
本日もたくさんのご来店・ご依頼を誠に有り難うございます。通常、日曜日はお休みをいただいておりますが、3月19日と26日は特別営業いたします。午前10時から午後5時まででございます。ご来店をお待ちしております!( 3/20月曜日は祝日ですので、お休みをいただきます。)

さて、本日は OMEGA のオーバーホール、切替車・減速車・アワーブレーキ交換修理をご紹介させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

今日のお時計【 オメガ 】

ご郵送にてお預かり致しましたのは、オメガ スピードマスター オートマチック。1957年にはじめてオメガ社から発売されましたスピードマスターは、以来半世紀を越えましてもほぼデザインなどを変えずに現在も作り続けられています。クロノグラフにデイト付き、年代問わずお使いいただけるデザインは秀逸でございます。

オーバーホールをご依頼いただき、職人に任せて内部を拝見いたしましたところ、ゼンマイを回すために、ローターからの回転力を減速してトルクを上げている「減速車」と呼ばれる内部部品が磨耗しておりました。

また、腕の動きに合わせて左右に回転するローターの動きから、ゼンマイを巻き上げるための一方向回転を得るために、回転方向の切替を行っている「切替車」も磨耗しておりました。

さらにはクロノグラフ機構の12時間計車を止めている「アワーブレーキ」と呼ばれる部品が破損しておりましたため、合わせて交換が必要でございました。

内部部品交換に伴い、お時計の動力のかなめとなる部品を丁寧に手作業で分解し、再注油を行いながら組み上げ直す必要がございます。この行程がオーバーホールとほとんど遜色のない工程になりますので、オーバーホールが必須でございました。

部品を一つ一つ分解し汚れを除去。新しい油を差しながら、新たな部品とともに再度組み上げていく慎重かつ緻密な作業を行います。一人の職人が全て手作業で行う工程上、どうしても長くお時間をいただきますが、無事完了し、正確な時刻を刻むように精度の調整・検査も終わりました。これによりまた長らくご愛用いただけるものと存じます。

最終チェックが完了しましたのち、メールにてI様にお渡し可能のご連絡を差し上げました。
この度は大切なお時計をお預けくださり、誠に有り難うございました!

メーカー問わずお預かりしております。お時計の不具合がございましたら、是非お気軽にご相談くださいませ。

現在、大変多くご利用いただいておりますため、お見積りまで最大で2〜3週間のお時間がかかります。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

今日の業務目標

  • 丁寧に完了品の最終チェック作業を行い、お届けまでのフローをスムーズに行います。

今日の業務スケジュール

10:00 – 職人より修理完了しましたお時計の仕分け作業。
 修理完了しましたお時計の最終チェック作業。修理報告書作成。
 お電話とメールにて修理完了しましたお時計お渡し・発送のご連絡。
 本日発送します修理完了しましたお時計の梱包作業、伝票発行ほか。
14:30 – 休憩をいただきました。
15:20 – 無料梱包パックのご依頼受付・登録作業。電話応対。
 お電話とメールにてキャンセルのお時計お返しの準備とご連絡。
 修理完了しましたお時計の最終チェック作業。修理報告書作成。
 修理不可のお時計を別の職人に手配またはお返しの手続き、お客様へご連絡。
19:00 – お電話とメールにて修理完了しましたお時計お渡し・発送のご連絡。

日報作成時間

18:55 –  19:20

オメガ { OMEGA } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、オメガの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「オメガ修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のオメガ { OMEGA } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



【時計修理工房】 柴野

この日報は、 【時計修理工房】 柴野が執筆しました。

9月から時計修理工房のスタッフに加えていただきました、新入社員の柴野です。 これまでは、Webショップの管理運営や、医療系学業支援業に携わってまいりました。 休日は大好きな温泉や多肉植物の栽培、レジン雑貨作りなどを楽しんでおります。 幼い頃より懐中時計を眺めるのが好きでして、祖父の所持していたシンプルかつ実用的なオープンフェイスから始まり、現在は観賞用としてフルスケルトンを愛でております。ゼンマイが巻き上がるところも全て魅せ、楽しませてくれるお時計です。 しかし、お時計の機械部品や修理に関しましては初めてのことばかりでして、毎日がとても新鮮でございます。 お時計の知識を深めるとともに、お客様からも様々なことを学ばせていただきたいと存じます。 そして、少しでもお役に立てますよう、お時計への想いを大切に、お客様の笑顔をたくさん拝見できますように頑張りますので、ご指導・ご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。 頼りになる職人が揃っておりますので、どのようなことでも、お気軽にご来店・ご相談くださいませ。

【時計修理工房】 柴野が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA