本日は月末ということもあり、暑い中多くのお客様にご来店いただき、心より感謝いたします。工房前の道路では工事が続いており、時折騒がしくなってしまっております、申し訳ございません。
さて今日は、お客様からお預かりしたお時計のなかから、チュードルをご紹介させていただきたいと思います。宜しくお願いします。

今日のお時計【チュードル】

本日弊社工房より修理が完了し窓口に届きましたお時計は、2月に内部機構の劣化とリューズ・チューブの劣化のため、作動が不安定な為、修理をご希望されお預かり致しました。職人からは部品の在庫が無く現状の部品を調整等にて修理させて頂くしかなく、
オーバーホールをご提案させて頂き、修理を実施させて頂きました。
お客様と致しましては、お時計が古く交換する部品がない為、一つ一つの部品を清掃し調整をしながら修理を行う為、精度の確保が出来ないことや、防水性の心配等で大変悩まれました。メールやお電話で内部部品の状態や、洗浄、修正についてお打ち合わせをさせて頂き、修理のご依頼を頂きました。しかしながら調整等含め、お預かりする期間も長くなってしまい、お客さまには大変申し訳なく思っております。窓口にて最終検査させていただいたのですが、ゼンマイを巻く時にしっかりとした音が鳴り、小気味良く作動しておりましたので、お客様に良い状態でお手元にお戻しできればと存じます。

 

今日の業務目標

  • 頂いたメールをしっかり読んで、丁寧にお返しする。
    本日頂いたメールの全ての対応を終わらせることが出来ました。

今日の業務スケジュール

10:00 – 11:00 職人の元を訪問させていただきました
11:00 – 14:30 メールの返答をさせていただきました。
14:30 – 15:00 梱包ボックスの発送、出荷のお手伝いをさせていただきました。
15:00 – 16:00 休憩を頂きました。
16:00 – 18:30メールの返答をさせていただきました。
18:3019:30 納品のご連絡をさせていただきました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 出来る限り多くのお客様へお見積のご案内を差し上げます。

日報作成時間

20:30 – 21:00

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA