今日は昨日うってかわって風が冷たく、肌寒い一日でございました。
日替わりで、気温が変わってしまうので本当に服装に困ってしまいます。
本日のお時計は精工舎(現・セイコー)のお時計なのですが、非常に古いお時計をお預かりさせて頂きましたのでご紹介させていただきます。

今日のお時計【セイコー】

Y様のお祖母様が使っていらっしゃった、お時計をお預かりさせて頂きました。
裏蓋が開くタイプでしたので開けさせていただくと、「SEIKOSHA」の文字が・・・今までお預かりさせていただいたお時計で一番古いのが50年ほど前のお時計でございましたので、60年前と言うのは私がお取り扱いさせていただいた中で一番古いお時計となりました。
お客さまとお話をさせていただきながら、裏側から拝見させていただきましたが錆、カビ等も無さそうなので、オーバーホールで作動するのではないだろうかと思いました。しかしながら部品の調達は絶望的ですので、職人が確認をしながら部品交換が必要な場合、別作か断念せざる得ないかというお話をさせていただきながら、ご依頼頂きました。

今日の業務目標

  • どのお客様にもわかりやすい説明と提案を行う。→お客様に修理の流れ、作業工程のお話を行うことができ、見積期間、修理費用について納得して頂くことが出来ました。

今日の業務スケジュール

10:0014:00 店頭対応、見積作成、電話応対、工房職人対応。
14:00 –15:00 休憩を頂きました。
15:00 –18:00 店頭対応、見積作成、電話応対、工房職人対応。
18:00-19:30 店頭でお預かりしたお時計の仕分け作業 

明日への引き継ぎ事項

  • 見積連絡1日20件、納品後のお客様の対応連絡

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA