お疲れ様でございます。時計修理工房の福井でございます。いつもたくさんのお問い合わせご相談をいただき誠にありがとうございます。本日お預かりしたフランク・ミュラーのお時計の変わった依頼をご紹介いたします。文字盤が2つございますね。

今日のお時計【FRANCK MULLER】

ストリート系と言うんでしょうか、そういったファッションでおしゃれなクラッチバッグ1つでご来店されたのは、名古屋市にお住まいのC様でございます。とてもこのマスタースクエアがお似合いだなと今さらながら思うのでございます。

そしてご要望というのが、言わずもがなでございますが、文字盤の交換でございます。白い文字盤をインターネットで入手されたとのことでございました。

インデックスは元の金色と同じですので、違和感なく白文字盤ヴァージョンに仕上がることでしょう。事例こそあまりないものの、オーバーホールやダイヤルリダンなど文字盤は様々な修理の過程で外すものでございます。間違いなくこちらの文字盤交換もご提案できるものでしょう。きっとガラッとイメージのかわるであろう修理の仕上がりが楽しみでございます。

今日の業務スケジュール

10:00 – 飛込みの引取のお客様へ修理の完了したお時計をご返却いたしました。本日窓口でお納めする予定のお時計の準備をいたしました。
11:00 – ホームページよりお問い合わせいただいておりますお客様へご返信をいたしました。修理の完了したお時計を窓口でお納めいたしました。
11:20 – 新規のお客様からお時計をお預かりいたしました。
12:00 – お昼休憩をいただきました。
13:00 – お昼休憩中にお電話いただいたお客様へ折り返しお電話をいたしました。お預かりしておりますお時計の状態についてお客様へご報告をいたしました。
14:00 – ホームページよりお問い合わせいただいておりますお客様へご返信をいたしました。無料郵送パックの発送をいたしました。
15:00 – メール対応をいたしました。
16:00 – C様からフランク・ミュラー マスタースクエアをお預かりいたしました。
17:00 – 窓口でお時計をお預かりいたしました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 岸さんが対応されていたお客様よりお電話がございましたので、月曜日に改めてお電話いたします。
  • 修理完了のお時計をご都合により本日お引き取りに来られなかったお客様へ郵送でのご返却をご提案いたします。
  • メール対応に注力いたします。

日報作成時間

18:35 – 18:55

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同