時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様よりお預かりさせていただいたセイコーのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【セイコー】

「『修理ができない、もしくはできても高額になる。』と断られてしまいました。なんとかよろしくお願いいたします。」

と、熱意のこもったお手紙を添えてくださったY様のセイコーのお時計。
実はお父様の大切なお時計で、Y様たち息子様・娘様からの結婚記念日のお祝いのお品であり、お母様とのペアウォッチだということでございます。思い出がたくさん詰まった記念のお時計ですが、様々な修理店で修理ができずお断りされてしまっていたそう。
お時計本体に問題があるわけではなく、ベルトが切れてしまったことで身につけられない状態になっております。たしかに、修理ができるのであればまだお使いいただくことはできますし、何より家族の大切な記念の証ですのでなんとしてでもお直ししたいというお気持ちは十分に理解できます。
代用の部品を使う、他社製のベルトのお取り付けまで検討し、お役に立てることを精一杯お探ししたく存じております。【17321】

今日の業務目標

  • 毎週月曜日は多くのお時計が郵送で窓口に到着し、受付業務が混雑するため、他の作業との時間配分を考え19時までに完了させます。→本日25件のお時計の受付業務(梱包パックの開封、お客様へのご連絡、お時計の状態確認および撮影、どの職人さんにお任せするかを検討)を18時半までに完了させました。

今日の業務スケジュール

10:00 – 受付窓口と事務所内の掃除機掛けを行いました。
11:00 – 先週末に修理を完了したお時計のお納めのご連絡、梱包等の発送準備を10件分行いました。
14:00 – 休憩を取りました。
15:00 – 本日受け付けた25本分のお時計受付業務(梱包パックの開封、お客様へのご連絡、お時計の状態確認および撮影、どの職人さんにお任せするかを検討)を行いました。

日報作成時間

18:55 – 19:10

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA