時計修理工房の三島でございます。本日もたくさんのご来店・お問い合わせありがとうございます。
ゴールデンウィークのお休みを頂いていたため、お時計の確認やお見積りが、通常よりお時間を頂いてしまっております。お時計をお預けいただいているお客さまにつきましては、申し訳ございませんが今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
本日はBREITLING(ブライトリング)のご紹介です

今日のお時計【BREITLING(ブライトリング)】

本日はブライトリングのリューズ修理をご依頼いただきました。
大柄なケースのお時計でございまして、リューズにつきましてもボリュームのあるものが採用されております。
リューズのねじ込みができなくなってしまった、とのことでお預かりいたしました。
外から見たところ問題がないよう見えますが、確かにリューズがねじ込めなくなってしまっております。おそらくリューズのネジ山が潰れてしまっているものと思われますが、ネジ山は外から見えないリューズの内側についているタイプのため、潰れ具合を確認することはできません。確認には、内側からリューズからの伸びる芯である巻真を留めている部品を取り外した後にリューズを外す必要がございます。
潰れてしまったネジ山は基本的には修理が難しいものでございますので、部品の交換が必要でございます。リューズとリューズを差し込むチューブの両方のネジ山不良の場合は、両方の交換が必要でございます。こちらのお客さまは過去にもリューズ交換の履歴がございますので、経年による摩耗というよりは別の原因によるものと思われます。
ねじ込み式のリューズは、その堅牢性から防水タイプのお時計に多く採用されておりますが、ネジ山が潰れてしまうというリスクも持っているため注意が必要でございます。リューズのネジ山不良のご相談は多くいただきます。
リューズがねじ込めない状態のままですと、防水性が失われてしまい、水分や湿気が近ずくとそこから湿気が機械内に混入してしまい、湿気による機械油の劣化、内部でのサビや腐食の発生が起こりやすくなってしまいます。
そうなりますと、内部部品の交換も必要となってきてしまい膨大な修理費用になってしまう事もございます。
時計本体が高額であればあるほど、使われている部品単体の価格も高額になってまいります。
外装の交換部品は、メーカー専有部品となっている場合が多く、我々のような修理業者には、部品単体の販売がないことが多くございます。故障箇所の状況、部品交換の必要性、部品の手配など、お見積りのためにいくつか準備事項がございますので、お見積りまでお時間をいただいてしまいますがご了承いただきたいと存じます。
この度はご用命いただきましてありがとうございました。

今日の業務目標

  • できるだけ多くのお客様にお見積りをご案内いたします。

今日の業務スケジュール

10:00 – 14:00 – お見積りをお客様にご案内いたします。窓口やお電話でのお問合わせのご対応をいたしました。
14:00 – 15:00 – 休憩をいただきました。
15:00 – 19:00 – お見積りをお客様にご案内いたします。窓口やお電話でのお問合わせのご対応をいたしました。

明日への引き継ぎ事項

  • お客様へお見積りをご案内いたします。

日報作成時間

19:30

修理工房の三島へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド
(分かれば機種名も)
ご相談の内容 ※ 作動しない。クロノグラフ不具合。カレンダーの不具合。時計の遅れ/進み。リューズの破損。押しボタンの不具合。風防/ガラスの交換。文字盤の破損/汚れ。12時位置の針ずれ。針のぐらつき/脱落。ベゼルの傷・破損。ベルトの傷・破損。ベルト交換。オーバーホール。時計外装の研磨。電池交換。ベルトの長さ調整。
おおよそのご予算
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
お名前 ※
E-mail ※
電話番号 ※
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

ブライトリング { BREITLING } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、ブライトリングの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「ブライトリング修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のブライトリング { BREITLING } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



【時計修理工房】 三島

この日報は、 【時計修理工房】 三島が執筆しました。

スタッフの三島です。 静岡県浜松市に生まれ育ち、名古屋に移り住んでから早10年以上経過、今はではほぼ名古屋人となってしまいました。好きな名古屋めしは、味噌カツときしめんでございます。最近好きなラーメンは横浜家系ラーメンです。 昔から機械を使うのも好きでしたので、複雑な歯車の組み合わせで動く機械式時計や多機能なクオーツ時計を扱うのも例外ではなく、日々様々な時計と出会う事ができ楽しく働いております。 また国内外のブランド(時計メーカーに限らず)やその歴史が好きですので、私のブログは、それらに触れる内容が多くなっているかと思います。 お客様の想いの詰まったお時計をいつまでも快適にお使い頂けるよう、お力になれば幸いでございます。 お目にかかる機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【時計修理工房】 三島が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA