修理工房の近藤です。本日もたくさんのお問い合わせ、誠にありがとうございます。

本日は、CASIOのG-SHOCKをご紹介致します。宜しくお願いします。

今日のお時計【CASIO】

郵送にてお預かりしました、CASIOのG-SHOCKでございます。G-SHOCKはタフな作りで有名ですね。「お庭で無くしたお時計が、数年後に土の中から出てきて、動作をしていた!」、などの話しも、最近話題となりました。

そんなタフなG-SHOCKに、取り付けられているベルトは、ウレタン製の物が多く、水に濡れても、気にする必要はありません。

一方、お客様のG-SHOCKには、布製のベルトが取り付けられおり、お預かり時からとても印書的でございました。裏地がオレンジで、純正バンドには見えません。

G-SHOCKはラバーベルトだ!、と勝手に思い込んでいる私は、お客様のベルトは、お好みのベルトにカスタムされて、ご使用されていると、思い込んでおりました。

職人にお時計をお任せし、お客様がベルトの交換を、ご希望なさっている事を伝え、部材屋さん、工房の在庫を確認して頂いていると、同じベルトが有るとの連絡が入りました。

近藤:職人さん!同じベルトが見つかったんですか??

職人:あいあい、見つかったよ~!(電話を片手に、見つかったベルトを見ながら)

なんと!今ご使用されている、純正ベルトの在庫が残り一本ございました。

すぐさま、お客様に連絡し、交換のご了承を頂きました。長くご愛用頂いているとお時計の同じベルトをお取付でき、とても嬉しく存じます。

 

今日の業務目標

  • 見積22件以上のご案内。

今日の業務スケジュール

10:00 – 14:00 -見積作成、ご案内。
15:00 -休憩を頂きました。
16:00 –17:00 -見積作成、ご案内。
18:00 -窓口対応。
19:00 -必要資材の準備。

あすへの引き継ぎ事項

  • 10月の目標を再確認し、気持ちを入れ替える。
  • 週末なので見積を多くご案内出来るようにする。

日報作成時間

20:00

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



2 Comments

嶋田 学

G-SHOCK に ソニーwena wrist pro を取り付けて欲しいですが
可能でしょうか?

Reply
【時計修理工房】 三島

コメントありがとうございます。
当社でwenaのお取り扱いがございませんので、本体及びアクセサリーの入手はできかねます。
そのため取り付けるための部品が揃っており、加工なども必要ではない状態でございましたらお取り付け可能かと存じます。
よろしくお願い致します。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA