修理工房の近藤です。本日もたくさんのお時計、お預けいただき、誠にありがとうございます。

本日は、オーバーホールと合わせて、錆びてしまっている4番車の交換を数件ご案内しました。
4番車とはどのような部品で、どのような役割をしているのか、ご紹介致します。宜しくお願い致します。

今日のお写真【4番車】

最近、見積を作成するようになりまして、交換部品が気になって仕方ない近藤です…

本日、数件ご案内した4番車の交換…そのほとんどが錆びのため、交換が必要な状態でした。
中に水分が入ってしまったお時計の、裏蓋を開けると、酸素に反応しみるみる錆びていく様子が見られると、職人の工房にて教えて頂きました。本日は、お時計の部品に水分がどれほど影響を与えてしまうのか、見ていただきたく、4番車を塩水に浸して一晩様子を見ようと思います。

 

4番車とは…
ゼンマイが収まっている香箱車が、ゼンマイがほどける力で回転し、動力を2番車に伝えます。→この動力は2番車に伝わり3番車に伝えていきます。(2番車に分針が付き、1時間で一回転します。)→3番車は仲介約の歯車で、動力を4番車へ伝えていきます。
ここで、ようやく4番車の登場です。4番車には80もの歯車が切ってあり、ゼンマイから受け継いできた動力を精度の要となる、ガンギ車→テンプと繋いでいきます。4番車の軸に秒針が付き、一分間で一回転します。

4番車が錆びていれば当然、秒針の動きはスムーズに行えません、すごく大切な歯車の一つです。

明日のブログに本日塩水の浸した4番車の様子をご紹介致します。

 

今日の業務目標

  • 午前中は電話連絡の見積優先で作成、ご案内していき、午後からはメールにてご連絡希望のお客様の見積を作成、ご案内致します。

今日の業務スケジュール

10:00 – 12:00 -窓口対応、見積作成。
13:00 -休憩をいただきました。
14:00 –15:00 -見積の作成、電話対応。
16:00 –19:00 -見積作成。

あすへの引き継ぎ事項

  • 4番車をモニター下で管理しているので、忘れないよう、観察。
  • 工房に確認を取る見積優先で、ご案内。

日報作成時間

20:00- 21:00

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA