修理工房の三島でございます。本日もたくさんのご来店・お問い合わせありがとうございます。
本日は懐中時計の修理を承りました。

今日のお時計【懐中時計】

本日は懐中時計をお預かりいたしました。イギリス製の古い懐中時計とのことですが、どうやら1800年頃に製造されたもののようでございまして、今より200年も前のものでございます。日本はその頃まだ江戸時代、徳川家が治めていた時代でございます。そのような時代に作られたお時計が最近まで動いていたというのですから驚きです。恐らく当工房でお預かりした時計の中で一番古いものではないでしょうか?文字盤には針が1本ございます。片方の針は紛失しているのかと思いきや、これが正しいようで分針のみのタイプであり、ムーンフェイズのような窓が時針の役割をしているようです。ムーンフェイズの周りに1〜12のローマ数字が刻まれております。分針の指す時刻はアラビア数字でございますね。1つの文字盤に2種類の表記があるのも大変珍しいです。全て彫刻されている文字盤と歴史を感じられる風合いは、まるでファンタジー映画の魔法のアイテムようでございます。200年前の時計の修理が可能なのか、職人に詳しく拝見していただきます。
この度はご用命いただきありがとうございました。

 

今日の業務目標

  • たくさんのお時計がお到着いたしましたので、迅速に到着の確認をいたします。

今日の業務スケジュール

10:00 – 16:00 – 到着したお時計を確認し、お客様にご連絡いたします。
16:00 – 17:00 – 休憩をいただきました。
17:00 – 19:00 – 到着したお時計の状態の確認をいたします。

明日への引き継ぎ事項

  • お時計のお受付の他、お見積りのご案内を行います。

日報作成時間

20:00

修理工房の三島へのご相談はこちらから

[確認]入力内容をご確認ください。

ブランド(分かれば機種名も)
ご相談の内容(複数回答可) ▼メンテナンス

▼動作の不具合

▼機能の不具合

▼内装の不具合

▼外装の不具合

▼その他の症状
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
お名前
E-mail
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

上記入力内容で送信する場合は、下記「時計修理工房 三島に相談してみる」ボタンを押してください。

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



三島 【時計修理工房】

この日報は、 三島 【時計修理工房】が執筆しました。

スタッフの三島です。 静岡県浜松市に生まれ育ち、名古屋に移り住んでから早10年以上経過、今はではほぼ名古屋人となってしまいました。好きな名古屋めしは、味噌カツときしめんでございます。最近好きなラーメンは横浜家系ラーメンです。 昔から機械を使うのも好きでしたので、複雑な歯車の組み合わせで動く機械式時計や多機能なクオーツ時計を扱うのも例外ではなく、日々様々な時計と出会う事ができ楽しく働いております。 また国内外のブランド(時計メーカーに限らず)やその歴史が好きですので、私のブログは、それらに触れる内容が多くなっているかと思います。 お客様の想いの詰まったお時計をいつまでも快適にお使い頂けるよう、お力になれば幸いでございます。 お目にかかる機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

三島 【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA