時計修理工房の岸でございます。いつも多くのご来店、お問合せを頂き誠にありがとうございます。本日も良くご質問を頂く、「オーバーホールはどのくらいの周期で行うが良いか?」についてご紹介を致します。是非、ご覧くださいませ。

オーバーホールは3年に一度必要です。

お時計ご購入時にこのフレーズをお聞きした事はございませんでしょうか。
なぜ?まだまだ元気に動いているよ?というお声を弊社でも良く頂戴致します。まずお伝えしたい事としてお時計は精密機械です。しかし、お時計は3年で不具合を起こすようなやわな作りはされておりません。20年、30年以上ご使用頂けるよう設計をされております。しかし、何もせずに10年動き続ける事は恐れ入りますが稀ございます。お時計は機械ものでございますので定期的なメンテナンスが必要です。車はエンジンオイルを交換しますし、工場の工作機械も終業後もしくは週に1回程メンテナンスを行いませんでしょうか?残念ながら機械はメンテナンス無しでは動き続けれないのです。
既にお察しかと存じますが、このメンテナンスこそがオーバーホールです。お時計をオーバーホールする為、世の中に専門の資格をもった職人多数存在致します。適正なメンテナンス周期が3年に一度というわけでございます。

引き継ぎ事項

  • お問い合わせフォームよりお申込み頂きましたお客様、メールでご相談を頂きましたお客様へ順次ご連絡を差し上げます。
  • お見積りの期限の近いお客様には、順次ご連絡を差し上げます。

日報作成時間

21:00 – 21:15

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



岸 【時計修理工房】

この日報は、 岸 【時計修理工房】が執筆しました。

TAG HEUER CARRERA を使用しております時計修理工房の岸でございます。私の時計は初めてのボーナスの時に少し背伸びをして購入致しました。購入から1度メンテナンスを行っており、現在も元気に動いております。少し進み気味でせっかちな時計ですが、思い入れのある時計でございます。 お客様のお時計にも様々な思いが込められているかと存じます。お時計の思い出をお聞かせ頂けますでしょうか。ご相談をお待ちしております。

岸 【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA