修理工房の三島でございます。本日もたくさんのご来店・お問い合わせありがとうございます。本日はWENGERのお時計の修理を承りましたのでご紹介いたします。

今日のお時計【WENGER】

金属ベルトが付け根から取れそうになってしまった。

窓口に直接お持ち頂いたお客さまからのご相談でございます。拝見いたしますとお時計本体とベルトをつなぐバネ棒と呼ばれる棒状の部品が大きく曲がってしまっているようでございます。早速交換用のバネ棒をお探しさせていただきます。
こちらのお時計のメーカーWENGERはスイスのアーミーナイフの名門ブランドでございましたが、2005年に同じくスイスで人気を二分していたナイフメーカー、ビクトリノックスに吸収合併されました。ビクトリノックスにも腕時計部門がございましたこともあり、実質WENGER時計のブランドは消滅してしまいまいた。よってあたらしく純正部品の調達を行う事はできず、メーカー修理も行う事ができません。そのため故障した場合、お直しができない可能性がございますので、お持ちの方は大切にお使いいただくことをおすすめいたします。
このようにメーカー対応が不可能になってしまったお時計も、修理できる可能性がございます。そのような場合は是非とも当店に一度ご相談くださいませ。

今日の業務目標

  • お見積りをお客様にスムーズにお伝えできるように致します。

今日の業務スケジュール

10:00 – 15:30 – 到着したお時計の確認と到着の旨をお客さまに報告。
15:30 – 16:30 – 休憩をいただきました
16:00 –19:00 – 電話や窓口でのお問合わせのご対応。お客様にお見積のご案内をいたしました。

明日への引き継ぎ事項

  • お見積りをお客様にお伝えできるように致します。

日報作成時間

19:00

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



【時計修理工房】 三島

この日報は、 【時計修理工房】 三島が執筆しました。

スタッフの三島です。 静岡県浜松市に生まれ育ち、名古屋に移り住んでから早10年以上経過、今はではほぼ名古屋人となってしまいました。好きな名古屋めしは、味噌カツときしめんでございます。最近好きなラーメンは横浜家系ラーメンです。 昔から機械を使うのも好きでしたので、複雑な歯車の組み合わせで動く機械式時計や多機能なクオーツ時計を扱うのも例外ではなく、日々様々な時計と出会う事ができ楽しく働いております。 また国内外のブランド(時計メーカーに限らず)やその歴史が好きですので、私のブログは、それらに触れる内容が多くなっているかと思います。 お客様の想いの詰まったお時計をいつまでも快適にお使い頂けるよう、お力になれば幸いでございます。 お目にかかる機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

【時計修理工房】 三島が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA