午前中の嵐のような雨にも関わらず、ご来店いただきましたお客様、誠にありがとうございました。お持ち帰りいただくお時計が濡れてしまわないよう、ご郵送時にお使いいただく厚手のビニールパックにお包みし、丁寧にお手渡し致しました。悪天候のなか、窓口まで足を運んでいただくだけでも感謝が尽きません。本日も多くのお問い合わせ、ご来店ありがとうございました。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様からお預かり致しましたセイコーのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【セイコー】

「50年以上前のお時計、母の形見です。」

お母様が大切にされていた形見のお時計をお任せいただきました。歴史があるだけではなく、その小ぶりな機体にお母様との思い出が詰まった、かけがえのないお品でございます。
長らくご愛用いただいていたこともあり、お時計の動作はなく、リューズ部品の不具合やガラスのはがれも見受けられました。
お時計、特に機械式のお時計の良いところは、お直しが可能であればずっと先の未来まで時を刻むことが出来ること。また、それを肌に身につけ、思い出を刻んだり共有できると考えると、とても素敵でございますよね。
この機会にオーバーホールを行い、外装部品も修正するなどのメンテナンスを施しました。製造されたのは随分前であるため、交換すべき部品がご用意出来ずに修理が不可能となる可能性もございましたが、職人さんの技術と幸運に恵まれ、無事にふたたび時を刻むことが出来るようになりました。外装につきましても、リューズの修正やガラスの接着を行い、問題なく身に付けていただけるまでに良好でございます。
形見のお品を母から子へ。一緒に居ることは叶わなくとも、これからも共に時を刻むことが出来るのですね。私石川(いしかわ)も離れて暮らす母親について、思いを巡らせる貴重な機会となりました。
W様、この度は大切なお時計をお任せいただき、誠にありがとうございました。【19833】

今日の業務目標

  • 新しくスタッフに加わっていただいた柴野さんに、お時計をお客様にお納めする際の手順等をお伝えします。→本日は一通りの点検や郵送、ご連絡についてお伝えしました。また、柴野さんにお任せし、最終チェックを行うことまで出来ました。ひとつひとつの作業を丁寧にお伝えし、改めて自分自身学びにもなりました。
  • お見積りについてご返答をいただけていないお客様にご連絡し、見積りのお伝えが出来ているかの確認やご意向についてお伺い致します。→まだ10件未満ではございますが、着実にお返事をいただき、職人さんへお伝えしております。

日報作成時間

19:50 – 20:30

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA