本日はスタッフの一人がおやすみということもあり、色々な業務を行うことになりてんてこ舞いな一日でございました。やっと一休みと思い外に出ると雨が降っているではありませんか・・・傘を持って来ていせんので、また風邪をぶり返さないように注意したいと思います。
本日のお時計はお昼頃にご来店され、ご依頼していただきましたロレックスのお時計をご紹介していと思います。

今日のお時計【ロレックス】

M様は現在オーストラリアに住んでおられる方なのですが、実に3年ぶりに日本に帰られたそうです、元々現地の時計屋さん等で、ガラスの交換等の修理はしていたそうなのですが、数年前から動きにばらつきが出てきて、作動しない時もあったりということで5年ほど使っていなかったそうです。
今回帰国するにあたり、時計の修理を日本の職人さんにしてもらいたいとの思いから弊社を探して頂き、本日弊社を訪ねていただきました。早速確認させていただくと過去のガラス破損の影響か、秒針・分針には傷があり所々曲がってるようでしたので、針同士が接触している可能性と、内部の機器の不具合の2点の可能性をご指摘させて頂き、ご納得していただいた上でオーバーホールを含む形での修理見積のご依頼を頂きました。
しかしながら、日本滞在が4月上旬までということや、3月末でご連絡先の携帯電話の契約が切れてしまう等の条件がございましたので、職人と連絡を取らせて頂き、できるだけ早い見積の提案をさせて戴くこと、万が一納期が帰国に間に合わない場合は、日本に住んでいらっしゃる息子さんにお渡しさせていただくこと等お約束させていただきなんとか間に合わせるよう努力していきたいと思っております。

今日の業務目標

  • いろいろな業務を的確に行う。→開梱フォロー・納品連絡・新規お問合せ対応から日常のお見積り・店頭接客等バタバタしてしまいましたが作業することが出来ました。

今日の業務スケジュール

10:0014:30 納品連絡、開梱手伝い、出荷準備等
14:30 –17:30 職人打合、着荷したお時計の割振り、見積連絡
17:30 -20:00 見積作成、電話応対、工房職人対応
       店頭対応5件、電話応対12件、見積書作成30件 

来週への引き継ぎ事項

  • 見積連絡1日20件、納品後のお客様の対応連絡

ロレックス { ROLEX } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、ロレックスの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「ロレックス修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のロレックス { ROLEX } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA