時計修理工房の柴野でございます。
本日もたくさんのご来店、ご依頼を誠に有り難うございます。気温差が激しいので、お飲み物も温かいものか冷たいものか、悩んでしまいますね。

さて、本日はベルトの留め具を破損してしまったPHILIPPE CHARRIOLのお時計の修理をご紹介させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

今日のお時計【フィリップ・シャリオール】

フィリップ・シャリオール(元ニューヨーク カルティエ社の社長)が1983年に立ち上げましたブランドでございます。
世界を飛び回って築き上げ、今や5大陸78カ国で販売されております。
ケルトの装飾品「トルク」との出会いにより、モダンかつ斬新なデザインに仕立てられているベルトは、とても繊細で美しいです。

ベルトの留め具が壊れてしまって・・・

拝見しますと、ベルトのマルカンが外れており、カニカンを紛失されているご様子。
ベルトサイズを測りまして、さっそく職人に相談いたします。
他にも2本お預かりしましたので、3本合わせてなるべく早くお手許にお返しできますよう、務めさせていただきます。
本日はご来店いただきまして、誠に有り難うございました。

今日の業務目標

  • 月末ですので、切りよく片付けられますよう速やかにご連絡。

今日の業務スケジュール

10:00 – 修理完了したお時計の最終チェック作業、お客様へお電話にて修理完了のご報告。
13:00 – お電話にてご来店予約の受付、お渡しのお時計の最終チェック作業。
14:30 – 本日発送のお時計の伝票発行と梱包作業、発送準備。
15:00 – 休憩をいただきました。
16:00 – 窓口にて、お客様へ修理の完了したお時計のお渡し。
17:00 – お客様へお電話にて修理完了と、お見積のご連絡など。
19:00 – 窓口にて、お時計のお預かりとレコード登録。

あすへの引き継ぎ事項

  • 月初め、お預かりしたお時計のレコード作業を速やかに行います。

日報作成時間

19:00 – 20:00

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



【時計修理工房】 柴野

この日報は、 【時計修理工房】 柴野が執筆しました。

スタッフの柴野です。 幼い頃より懐中時計を眺めるのが好きでして、祖父の所持していたシンプルかつ実用的なオープンフェイスから始まり、現在は観賞用としてフルスケルトンを愛でております。 ゼンマイが巻き上がるところも全て魅せ、楽しませてくれます。 今後は更にお時計の知識を深めるとともに、お客様からも様々なことを学ばせていただきたいと存じます。 そして、少しでもお役に立てますよう、お時計への想いを大切に、お客様の笑顔をたくさん拝見できますように頑張りますので、ご指導・ご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。 頼りになる職人が揃っておりますので、どのようなことでも、お気軽にご来店・ご相談くださいませ。

【時計修理工房】 柴野が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA