修理工房の近藤でございます。本日もたくさんのお問い合わせ、誠にありがとうございます。

本日はニクソンのお時計をご紹介致します。宜しくお願い致します。

今日のお時計【ニクソン】

ご郵送にてお預かりしました、ニクソンのお時計でございます。

ベルトの留め金が破損しております。本来、装着する際にカチっと音が鳴るところまでしめると思いますが
そのカチっとなるひっかかりの突起物が折れてしまったようです。

上記のご相談を頂き、バックルの修理を行わせていただきました。

バックルの突起部分が折れてしまいますと、交換部品が無く、バックルそのものの交換が必要になります。
交換を行う為に、純正バックルを提携工房先までお探しさせて頂きましたが、メーカー専有の部品でございましたので、入手が困難なものでございました。

しかし、お時計のモデルでバックルを探したところ、2種類のバックルタイプがございまして、現在ご使用いただいていたバックルの在庫はございませんでしたが、同モデルの少し見た目が異なる【ハイポリッシュ(鏡面)→仕様変更→ヘアライン(艶消し)】バックルでしたら、ご用意できましたので、ご提案させていただいたところ、「それでも良い!」とおっしゃって頂けましたので、交換致しました。

元のバックルはハイポリッシュと呼ばれる鏡面タイプのバックル、今回使用したのは、ヘアラインと呼ばれる、金属をスジ状に研磨し、金属的質感を感じられる仕上げが施されたバックルでございます。お客様は今までのバックルとの質感の違いに、違和感が出てしまうことを心配しておられましたが、バックルのみの変更でございますので、良く見ないと分からない程…
近日中にチェック作業が終了しましたら、修理完了のご報告を致します。

大切なお時計のお預け、誠にありがとうございました。

今日の業務目標

  • 見積を30件以上ご案内します。

今日の業務スケジュール

10:00 – 12:00 -見積作成、ご案内。
13:00 -休憩を頂きました。
14:00 -窓口対応。
15:00 -必要資材の発注。
16:00 –18:00 -見積作成、ご案内、職人にお時計をお任せ。
19:00 -見積整理。

あすへの引き継ぎ事項

  • 見積を30件以上ご案内します。

日報作成時間

20:00

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA