時計修理工房の奥平です。本日は朝から暖かいというより暑いと感じてしまいました。冬の装いはそろそろやめて、春の装いに変えたいと思うのですが、変えた途端にまた寒くなる気しかいたしません、正直今の時期の服装が一番難しいと感じております。本日は窓口にてお任せいただきました、グッチの腕時計をご紹介させていただきたいと思います。

今日のお時計【グッチ】

O様が18年ほど前にサンフランシスコか、ロサンゼルスの免税店でご購入されたお時計との事でございます。今まで18年間電池交換のみで時を刻んでいたそうなのですが、2月末の「閏日」に日付の調整をしようとした所、リューズが無いことに気が付かれたそうです、拝見させていただくとリューズの頭が折れている状況でございましたので、純正品のリューズの調査と合わせて社外品のリューズのでのご提案をご依頼頂きました。思うにここ数日、リューズ関連のお問い合わせが多かった気がしていたのですが、他の皆様も同じ「閏日」調整がきっかけでお時計の異変に気づかれたのでしょうか・・・・・

今日の業務目標

  • 昨日に引き続きお見積りのご連絡、お電話での受付のご案内に力入れていきたいと思っております。→見積は順調にご案内することが出来ましたが、修理完了後のお時計の件でお詫びさせていただくこともございました。
    原因の分析、報告をきちんと行うことで、品質を高めるようにしていきたいと考えております。

今日の業務スケジュール

10:0013:00 店頭対応、お見積りのご案内をメインに行いました。
14:00 –18:30 電話応対、店頭接客をメインに行なっておりましたが、
以前電池交換させていただいたお客様からご指摘を頂きました。
→店頭接客3件 電話応対17件 見積作成22件を行いました。
18:30-19:00 お電話、メールにてお問いわせ頂きましたお客様へご連絡を差し上げました。 

明日への引き継ぎ事項

  • 見積連絡の状況の確認を行い、優先順位をつけて対応致します
  • 問合せ連絡の状況確認を行いお客様にご返答を行います。
  • 職人との納期・修理状況の打合せを致します。

日報作成時間

19:00-19:30

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA