時計修理工房の柴野でございます。
本日もたくさんのご来店・ご依頼を誠に有り難うございます。本日は朝から別所にて梱包作業に没頭しておりました。詰め方、貼り方ひとつひとつ丁寧に。受け取られるお客様の笑顔を思い浮かべながら粛々と行っておりました。

さて、本日は FRANCK MULLER のベルト修理をご紹介させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

今日のお時計【フランク ミュラー】

現在は、iPhoneのケースや結婚式のプロデュースなども行っていますフランク・ミュラー。樽型が特徴的なトノー・カーベックのケースと文字盤のビザン数字。
こちらのお時計は、コンキスタドール ブラック。ふたつのケースが重なったようなデザインで、インデックスと針には夜光塗料。秒針の先端の赤が一際目立つ、可愛らしいレディースの並行輸入品のお時計でございます。

今回は、オーバーホールとベルトの修理でご来店いただきました。
お時計を拝見させていただきましたところ、ベルトのピンの各所が錆び、ピンが外れて無い箇所もございましたため、ピンの取り付けと合わせましてご要望の1コマ足し、オーバーホール、さらに研磨仕上げを職人に任せました。
最終チェック後の本日、K様に早速ご報告いたしました。K様、ご来店をお待ちしております!

研磨は細かい傷が消え、とても美しくなります。外装の小傷など、お気軽にご相談くださいませ。

今日の業務スケジュール

10:00 – 梱包作業、発送準備作業。
15:15 – 休憩をいただきました。
16:00 – 引き続き発送作業。
17:00 – お預かりしましたお時計のレコード登録・状態確認作業。
19:00 – お客様へ修理完了のご報告をお電話とメールにてご連絡 。

日報作成時間

19:00 –  20:00

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社の年末年始の営業は、下記の通りとさせていただきます。

12月28日 10〜13時 短縮営業
12月29日〜1月4日  休業
1月5日〜      通常営業

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



【時計修理工房】 柴野

この日報は、 【時計修理工房】 柴野が執筆しました。

スタッフの柴野です。 幼い頃より懐中時計を眺めるのが好きでして、祖父の所持していたシンプルかつ実用的なオープンフェイスから始まり、現在は観賞用としてフルスケルトンを愛でております。 ゼンマイが巻き上がるところも全て魅せ、楽しませてくれます。 今後は更にお時計の知識を深めるとともに、お客様からも様々なことを学ばせていただきたいと存じます。 そして、少しでもお役に立てますよう、お時計への想いを大切に、お客様の笑顔をたくさん拝見できますように頑張りますので、ご指導・ご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。 頼りになる職人が揃っておりますので、どのようなことでも、お気軽にご来店・ご相談くださいませ。

【時計修理工房】 柴野が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



1 Comment

溝渕誠

フランクミュラーカサブランカ6850のブレスがきつくなりました。一コマ足していただきたいのですが、納期と費用概算を教えていただけませんでしょうか。また、ブレス並びにケースに使用による擦過傷がありますのでこの機会に表面研磨仕上げをかんごえています。納期と費用概算を併せ教えたいただけませんでしょうか。

Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA