時計修理工房の柴野でございます。
本日もたくさんのご来店・ご依頼を誠に有り難うございます。3月も末になりますが、冷たい風の強い日が続いております。

さて、本日は epos のオーバーホールをご紹介させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

今日のお時計【 エポス 】

ご来店にてお預かり致しましたのは、エポスのSophistiqueeシリーズの 3383 Grande Date Verticale。大きく見やすいデイトが縦に2桁表示されるという非常に面白みのあるデザインでございます。文字盤は美しいシルバーの放射状デザインにインデックスは黒地に白文字、裏面はスケルトンでゼンマイの動きなども楽しめます。

3年前に購入、作動しません。

さっそく職人に任せて内部を拝見いたしましたところ、衝撃を受けたのか内部部品が外れておりましたことと、水入りによる油の劣化が見受けられましたため、オーバーホールが必要でございました。

部品を一つ一つ分解し汚れを除去。新しい油を差しながら、再度組み上げていく慎重かつ緻密な作業を行います。一人の職人が全て手作業で行う工程上、どうしても長くお時間をいただきます。

本日、オーバーホールが無事完了し、正確な時刻を刻むように精度の調整・検査も終わりました。これによりまた長らくご愛用いただけるものと存じます。

最終チェックが完了しましたのち、お電話にてY様にお渡し可能のご連絡を差し上げました。
この度は大切なお時計をお預けくださり、誠に有り難うございました!

非防水のお時計は、汗や水、雨などの水分の内部混入にはくれぐれもお気を付けください。

メーカー問わずお預かりしております。お時計の不具合がございましたら、是非お気軽にご相談くださいませ。

現在、大変多くご利用いただいておりますため、お見積りまで最大で2〜3週間のお時間がかかります。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

今日の業務目標

  • 丁寧に完了品の最終チェック作業を行い、お届けまでのフローをスムーズに行います。

今日の業務スケジュール

10:00 – 職人より修理完了しましたお時計の仕分け作業。
 修理完了しましたお時計の最終チェック作業。修理報告書作成。
 無料梱包パックのご依頼受付・登録作業。電話応対。
 お電話とメールにて修理完了しましたお時計お渡し・発送のご連絡。
 本日発送します修理完了しましたお時計の梱包作業、伝票発行ほか。
14:30 – 職人の元へ修理依頼のお時計の受け渡し。休憩をいただきました。
16:00 – お電話とメールにてキャンセルのお時計お返しの準備とご連絡。
 修理完了しましたお時計の最終チェック作業。修理報告書作成。
 修理不可のお時計を別の職人に手配またはお返しの手続き、お客様へご連絡。
19:00 – お電話とメールにて修理完了しましたお時計お渡し・発送のご連絡。

日報作成時間

19:35 –  20:00

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



【時計修理工房】 柴野

この日報は、 【時計修理工房】 柴野が執筆しました。

スタッフの柴野です。 幼い頃より懐中時計を眺めるのが好きでして、祖父の所持していたシンプルかつ実用的なオープンフェイスから始まり、現在は観賞用としてフルスケルトンを愛でております。 ゼンマイが巻き上がるところも全て魅せ、楽しませてくれます。 今後は更にお時計の知識を深めるとともに、お客様からも様々なことを学ばせていただきたいと存じます。 そして、少しでもお役に立てますよう、お時計への想いを大切に、お客様の笑顔をたくさん拝見できますように頑張りますので、ご指導・ご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。 頼りになる職人が揃っておりますので、どのようなことでも、お気軽にご来店・ご相談くださいませ。

【時計修理工房】 柴野が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同