本日は朝から職人さんを周り、職人とお話をさせていただきました。
最近ベルトのお問合せが多く、本日はサメ素材のベルトを見せていただきながら打合せを行わせていただきました。お客様から教えて頂く事が多く奥が深いなと感じております。

本日のお時計は「カシオ」のお時計でございます。

N様はふらりとご来店頂き、Gショックの電池交換をして欲しいということでご相談を頂きました。珍しいGショックでしたのでお話を伺うと、定年退職時に息子様から頂いたということで、「最近は使ってないけどね」とお話いただきましたが、お話の端々には、とても大切に愛着を持っているように感じました。症状といたしましては電池が切れて暫く経過しているということで、電池交換、液漏れ等が起きていないか確認、電圧の確認、防水検査等を行いながら、異常があれば別途修理のご提案を行う事をお伝えいたしました。

ベルトも傷んでましたので、交換、修理等のご提案をしたのですが、「もらったまま」のほうがよいという事でした。同パーツとしてベルト部分があるようであれば、今後の交換部品として保管出来るように、ベルトを購入をご提案してみようかなと考えております。

今日の業務目標

  • 基本に忠実な接客を心がける。→自分の提案が「お客様のお役に立てているかどうか」を考えていきたいと考えたいです。

今日の業務スケジュール

10:0011:30 業者立寄り、職人訪問
11:30 -15:00 店頭の対応や、お見積り作成等を行いました。
15:00 -16
:00 休憩を頂きました。
16:00 -19:00 店頭の対応や、お見積り作成等を行いました。

見積連絡1日20件、納品後のお客様の対応連絡

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA