本日もお疲れ様でございました。時計修理工房の福井でございます。本日はいつもよりとても多くの電話のお問い合わせがあったように思います。タグホイヤーのリューズのねじ込み不良の問合せがいくつかございましたが、その症状は基本的にメーカーでしか修理ができないのでメーカー修理をご案内させていただきました。今日の日報では古いブライトリングをご紹介いたします。オーバーホールのご依頼でございます。

今日のお時計【BREITLING】

北海道札幌市にお住まいのJ様がお問い合わせいただいたのは2週間前のこと、お時計は先週到着いたしました。

この時計のほかにロンジン、エテルナマチック、RUTEX、モンディーンほか修理したいものがありますが、とりあえず思い入れのあるブライトリングの修理からお願いしたいと思います。

そう言って大切なブライトリングのお時計を北海道からお送りいただきました。とどいたお時計、こんなデザインのブライトリングは初めて見た気がいたします。SFを感じる個性的な文字盤を、エッジの効いた四角いケースが囲んでおります。つんと出たボタンがまた素敵でございますね。

45年位前に購入後一度もメンテナンスをしていません。クロノグラフの押しボタンの作動が重くなっています。若いころに給料の数倍を出して購入した思い入れのあるものです。

半世紀近く前のお時計ということで、これまでメンテナンスされていないことから内部はいい状態ではないのは必至でございます。まずはJ様のこのお時計、しっかり修理させていただきます。

 

「ロンジンのお時計は、【ロンジンのための修理工房】のページでも受け付けております。」

より専門性の高い情報を記載しておりますので、是非ご覧ください。
https://wr-longines.com/

 

今日の業務スケジュール

10:00 – 窓口の清掃をいたしました。
11:00 – 新規のお客様にご来店いただきました。修理の完了したお時計を窓口でお納めいたしました。
12:00 – お昼休憩をいただきました。
13:00 – 新規のお客様から窓口でお時計をお預かりいたしました。
14:00 – 修理の完了したお時計を窓口でお納めいたしました。ホームページからお問い合わせいただいたお客様へご返信をいたしました。無料郵送パックの発送準備をいたしました。
15:00 –  修理の完了したお時計を窓口でお納めいたしました。
16:00 –  修理の完了したお時計を窓口でお納めいたしました×2。新規のお客様から窓口でお時計をお預かりいたしました。

他、電話、メールのご対応をいたしました。

日報作成時間

18:10 – 18:40

ブライトリング { BREITLING } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、ブライトリングの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「ブライトリング修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のブライトリング { BREITLING } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA