修理工房の今夜のメルマガは、三島が担当させて頂きます。よろしくお願い致します。

今朝、道端に赤々と咲く彼岸花を見かけました。お彼岸の時期の訪れを感じております。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、1日を通して暑さを感じる事が減ってまいりました。

お客様のお住まいの地域ではいかがでしょうか。

本日は、お時計の油についてお話しさせて頂きます。

機械式のお時計はもちろんのこと、クオーツのお時計も針で時間を示すアナログ時計は、

文字盤上の針が内部では歯車に繋がっており、歯車が回転することにより時を刻んでおります。

時計内部の無数の歯車がスムーズに動作するよう、各部品には潤滑のための油が添えられております。

修理内容をお伝えする際には、これを「油脂」や「機械油」としてお伝えさせて頂いております。

私たち修理工房では時計専用の油を使用しておりますが、部品の種類やメーカー、

モデルによって使い分けられており、1つの時計で4、5種類の油が置かれることも珍しくありません。

また付ける場所や量についても、メーカー、モデルによって異なりまして、どの時計のどの場所に、

どれだけ注油するのが最適なのか、修理業者に公開されているメーカーもあれば、非公開となさっているメーカーもございます。

この油は経年で乾燥したり、水分・湿気に触れること、そして微細なゴミが付着することにより劣化してまいります。

驚かれるかもしれませんが、時計によっては激しい動きや振動により偏りが生じることもございます。

このように油が正常に機能しなくなりますと、油の固着や不足により部品同士の摩擦が大きくなり動きが悪く、

お時計自体の精度不良や停止などの不具合に繋がってまいります。

油が劣化した状態のまま使用なさいますと部品の磨耗を早め、変形、錆び付きの原因になる事もございます。

そのため動作に不具合が出た時には、部品の交換が必要な状況になっていることも多々ございます。

機械式時計の油の変質は、お使いの環境にも左右されますが、3~5年と言われております。

そのためオーバーホールの際には古くなった油を洗い落とし、新しい油を注油いたします。

お時計はオーバーホールの間隔を4、5年毎が良いとお伝えしているのは、

この油の経年劣化を見越しているためでもございます。

製造した時の部品のまま、お時計を長持ちなさいますなら、

定期的なオーバーホールをおすすめ致します。

お時計の油は、薄く付けられているため目視ではほぼ分かりません。

そのため実感しづらいものでございますが、お時計の動作にはとても大切なものでございます。

本日は、お時計の油の話でございました。

この週末には、再び台風が日本列島縦断する予報が出ております。

お出かけのご予定がございましたら、お気をつけください。

株式会社修理工房 三島

—–

ブログにて時計修理についての業務日報を掲載させて頂いております。

お手隙の折にご高覧くださいませ。

http://www.w-repair.info/

—–

WR│時計修理工房(株式会社修理工房)

TEL : 070-6410-2739

https://www.w-repair.jp

E-mail  info@w-repair.jp

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。