株式会社修理工房の今夜のメルマガは、柴野が担当させていただきます。

日増しに寒さが加わってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザが流行しはじめ、マスクをして歩く人を多くみかけます。

温かいお飲み物などで、お体を冷やさないよう、お気をつけください。

明日、11月23日は祝日でございますね。

勤労の目的を再認識する「勤労感謝の日」とされていますが、

もともとは「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれた祭日で、

1400年もの長きに渡り、天皇陛下は日本国の繁栄と日本国民の幸せのために、

非常に重要かつ過酷な儀式を執り行われます。 いわば「日本の収穫祭」でございます。

穀物は天候により生産量が左右されることが多いですが、お時計はどうでしょうか。

太陽の光に当てていれば電池交換不要、と謳われているソーラーのお時計も、

天候により充電量が変わります。

直射日光での充電がベストですが、高温にならないよう配慮が必要でございます。

冬場は衣類の袖に隠れてしまい、充電不足になりやすいことと、

屋内の蛍光灯では光量が少ないため、充電時間がとても長くかかるかと存じます。

「ソーラー時計ですが、光に当てても動作しません」と、修理をご依頼いただきますが、

まずはソーラー時計用の充電器にかけて充電を試みますと、すぐに正常に動作し始めるお時計もございます。

その場合は充電不足が原因でございますので、このままお返しさせていただいております。

しかしながら、

太陽電池時計に内蔵されている二次電池は、

充放電を繰り返し行う事により、年々性能が劣化いたします。

二次電池自体の寿命は、電池の性能、

お時計の使い方、機種などによって異なります。

長期間ご使用いただく中で、

内部の機械油の劣化や汚れなどにより

消費電流が高くなり、二次電池の容量が早く無くなってしまいます。

そのような時は、オーバーホール(分解掃除)が必要でございます。

長らくご愛用いただくには、メンテナンスが不可欠と存じます。

10年以上経ってから初めてのメンテナンスに出され、部品が無くて修理不可 …

という事態を避けるためにも、 定期的に歯車などの内部機械のメンテナンスをおすすめ致します。

また、完全に二次電池の容量が無くなりますと過放電となり、

二次電池を消耗させる原因になりますので、お気をつけください。

日の当たる場所での保管、定期的なメンテナンス、出来るだけ毎日のご使用が宜しいかと存じます。

時計修理工房では、ソーラー時計に限らず、機械式のお時計、クォーツのお時計など腕時計全般の修理を承っております。

メンテナンスや不具合など、お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

それでは、紅葉が鮮やかな季節となりました。楽しい週末をお過ごし下さい。

▼無料郵送パックの申し込みはこちらで承っております。

https://www.w-repair.jp/inquiry/

▼過去のメールマガジンはこちらでご覧いただけます。

https://www.w-repair.info/c/メールマガジン

時計修理工房

柴野

—–

もしお便りが不要でいらっしゃいます場合には、こちらのフォームをお使いください。

ご迷惑をお掛けしましたこと、お手数をお掛けすることに謹んでお詫び申し上げます。

今後メールマガジンが不要な方は、下記にアクセス頂くと次回以降の配信を停止させて頂きます。

##__CANCEL_URL__##

—–

ブログにて時計修理についての業務日報を掲載させて頂いております。

お手隙の折にご高覧くださいませ。

http://www.w-repair.info/

—–

WR│時計修理工房(株式会社修理工房)

TEL : 070-6410-2739

https://www.w-repair.jp

E-mail  info@w-repair.jp

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。