お客様、今夜のメルマガは時計修理工房の三島が担当させて頂きます。

よろしくお願い致します。

先日、11月15日(木)に新作ワイン「ボジョレー・ヌーボー」が解禁されました。

ボジョレー・ヌーボーとはフランスのボジョレー地区で生産されたブドウを

9月に収穫し2ヶ月で飲む事ができるように仕込んだワインの事でございます。

毎年11月の第三木曜日が解禁日でニュースにもなるため、

ワインを飲まない方でなんとなくご存知な方も多いのではないでしょうか。

なんと日本が世界で一番ボジョレー・ヌーボーを輸入しているそうで、

昨年は世界に輸出されたうち49%が日本に入ってきたそうです。

今週末は、いたる所でフレッシュなワインを味わった感想が飛び交いそうですね。

わたくしも酒屋を覗いてみようかと…

海外製腕時計でも日本は世界のトップ3に入るほどの海外製高級腕時計(主にスイス製)の

輸出国となっており海外メーカーから多くの腕時計が海を渡って日本国内に輸入されております。

今夜は輸入時計についてのお話です。

海外メーカーのお時計を日本で購入したい時、大きく分けて2種類のお時計がございます。

「正規輸入品」と「並行輸入品」でございます。

正規輸入品は、海外メーカーの国内法人または、海外メーカーと直接に契約を交わした

輸入・販売代理店がお時計を輸入し、国内の直営ブティック、宝飾店、百貨店などで

販売しているお時計になります。

メーカーから小売店まで、メーカーの考え方やブランディングを統一・共有して販売しています。

海外メーカーの日本法人はブランド名を冠した企業名である場合もあれば、

グループ会社名(いわゆる親会社名)である場合もございます。

正規販売代理店名が国内メーカーとされている場合もございます。

国内総代理店という言い方をする事もございます。

輸入時計の代表的なグループ企業といえば

「LVMH」「リシュモンジャパン」「スウォッチグループ」などが挙げられます。

これらの企業は、時計の他にも有名ファッションやお酒のブランドを傘下に収めております。

正規輸入品を購入する際には、お時計が持つブランドを最も感じ取る事ができ、

最も良い状態で入手いただけるはずです。

また手厚いメーカーのアフターサポートを受ける事ができます。

一方、並行輸入品は、海外メーカーが海外で販売しているお時計を、

中間卸業者や小売店が買い付け、それを輸入業者が輸入したものを

日本国内で販売しているお時計になります。

並行輸入品は、日本国内未発表モデルや正規店で扱いのないお時計を入手できたり、

また安価に入手できたりする機会が多いのがメリットでございますが、

反面、海外メーカーが把握していないルートで日本国内に入ってくるため、

国内メーカーのサポートが受けられない事が多いというデメリットがございます。

並行輸入品のお時計の部品は、国内メーカー以外に我々のような修理業者の間にも

出回ってないものでございますので、部品交換を伴う修理が大変難しくなっております。

また流通のどこかで精巧に作られたコピー製品が混じってしまうという危険性もございますね。

正規輸入品にしても、並行輸入品にしても、

製造からお客さまのお手元に渡る間にタイムラグが発生いたします。

時には卸売業者・代理店・小売店の倉庫で在庫として数年単位で保管されていた物である事も。

保管されている間に、機械式のお時計であれば内部の機械油の経年劣化、

クオーツ式(電池式)のお時計であれば電池の消耗が進んでいる事があり、

新品購入したにも関わらず、間もなく停止してしまったり、

調子が悪くなったというお話でご相談いただく事もございます。

このようなお時計を入手して間もない不良については、

まずはご購入頂いた販売店にご相談頂くのが良いかと存じます。

販売店で対応できないような事態がございましたら、当工房にもご相談いただければと存じます。

当工房では、正規輸入品、並行輸入品に関わらず、修理を承っております。

ご所有されているお時計が、どちからか分からないという場合でも、

お気軽にお声がけ頂ければと存じます。

▼無料郵送パックの申し込みはこちらで承っております。

https://www.w-repair.jp/inquiry/

▼過去のメールマガジンはこちらでご覧いただけます。

https://www.w-repair.info/c/メールマガジン

今週末のはお天気が崩れる地域もございます。

最低気温が10度を切る地域も増えて

冷え込みを感じる事も多くなってまいりました。

是非ご自愛くださいませ。

時計修理工房

三島

—–

もしお便りが不要でいらっしゃいます場合には、こちらのフォームをお使いください。

ご迷惑をお掛けしましたこと、お手数をお掛けすることに謹んでお詫び申し上げます。

今後メールマガジンが不要な方は、下記にアクセス頂くと次回以降の配信を停止させて頂きます。

##__CANCEL_URL__##

—–

ブログにて時計修理についての業務日報を掲載させて頂いております。

お手隙の折にご高覧くださいませ。

http://www.w-repair.info/

—–

WR│時計修理工房(株式会社修理工房)

TEL : 070-6410-2739

https://www.w-repair.jp

E-mail  info@w-repair.jp

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。