本日もたくさんのお問い合わせをいただき誠にありがとうございます。本日は水入りにより針の夜光が変色してしまったオリスのお時計をご紹介いたします。久しぶりに修理後のきれいになったお時計の写真をお見せすることができます。よろしくお願いいたします。

今日のお時計【ORIS】

うっかりして冷たい水の中に浸けてしまい、中に水が入ってしまいました。一応動いていますが、針が見る見る変色してしまい、内部に細かい水滴が見て取れます。父から譲り受けた時計なので、何とか元通りにして頂ければと思っています。

そうお問い合わせいただいたのは和歌山県田辺市にお住まいのN様でございました。一度オーバーホール修理のお見積りをださせていただき、針の交換は不可とご連絡させいただきました。

針の一部が錆のような色に変色していたかと思いますが、その部分はもとには戻りませんでしょうか?無理な場合はそのままで構いません。

改めてお時計を担当しておりました職人に確認、相談をし後日、針夜光の塗り直しをご提案させていただきました。写真は夜光の塗り直しの修理とオーバーホールを完了したものでございます。手作業での塗り直しとなりますので多少のむらはございますが、色味は元と遜色なく、茶色く変色してしまっていた時と比べると息を吹き返したのが目に見えるようでございます。

 

「オリスのお時計は、【オリスのための修理工房】のページでも受け付けております。」

より専門性の高い情報を記載しておりますので、是非ご覧ください。

https://wr-oris.com/

 

今日の業務スケジュール

10:00 – 床の清掃をし、メールのお問い合わせを確認いたしました。
11:00 – お時計のお見積りやその状況について職人に確認をいたしました。
12:20 – ホームページからお問い合わせいただいたお客様にご返信をいたしました。
15:00 – メールでお問い合わせいただいたお客様へご返信をいたしました。

日報作成時間

20:30 – 21:00

オリス { ORIS } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、オリスの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「オリス修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のオリス { ORIS } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同