本日は久しぶりに職人にあってきました。退院後今日から復帰するということで、仕事の打合せもあり顔を見に行ってきました。首元の手術ということで術後の麻痺がまだ顔の半面に残っていましたが、痛々しいくも感じましたが思いの外元気そうで、これから3ヶ月程度のリハビリをきちんと行うことで完治すると聞きましたので安心致しました。

職人の所によってお借りしてきたのは、3本のベルトでございます。お客様からベルトを交換をご依頼いただいたのですが、青色のベルトをご希望されたのですが、ご提案するにも資料が少なくイメージが伝わりにくい考え、職人が保有しているベルトから何本かお借りした次第です。事務所に戻り写真を撮り、お客様にご提案のメールを送らせて頂きました。
最近、ベルトや風防等の個別のご相談をお受けする事が多く、色々と資料や職人と話す機会が増えた気が致します。出来ることと出来ないことがございますが、出来る限り対応しようと考えております。他のお客様からも、当初金属ベルトの交換をご希望されていたお客様に合う金属ベルトについて良いご提案が出来なかったので、革ベルトのご提案をさせていただいたところ、お客様からも「他社にもお願いしたのですが、合うメタルブレスが無くて、断られました。確かにおっしゃるとおり革ベルトがありました。」と喜んで頂けたので大変嬉しく思いました。これからも微力ではありますが、お客さまのお力になれるよう努力していきたいと思っております。

今日の業務目標

  • 基本に忠実な接客を心がける。→お客さまにお役に立てるように頑張りたいと思います。

今日の業務スケジュール

10:0011:00 職人の作業所に訪問いたしました。
11:00 -16:00 お見積書の作成やお問合せ対応をさせていただきました。
16:00 -19:00 店頭の対応や、お見積り作成等を行いました。

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA