時計修理工房の近藤でございます。本日もたくさんのお時計をお任せ頂き、誠にありがとうございます。

本日は、文字盤のリダン仕上げにつきまして、ご紹介させて頂きます。宜しくお願いします。

今日のお時計【SEIKO】

文字盤のリダン仕上げでございます。【ダイアルリダン】や【干支仕上げ】と呼ばれる事もございますが、シンプルにリダン仕上げと呼ばれる事が一番多いかと存じます。

 

本日のお写真は、岐阜県可児市よりセイコーのお時計をお任せくださいました、O様のお時計でございます。オーバーホール、風防の交換、文字盤おリダン仕上げ、ベルト交換を完了しております。※祖父様から譲り受けられた40年〜50年程歴史のあるお時計のメンテナンスをお任せくださいました。大切なお時計をお任せ頂き、誠にありがとうございました。

 

私は、この業界に入るまで、リダン仕上げの事を知りませんでした…

リダン仕上げをお任せ頂く機会は、月に数件でございます為、珍しい修理と言えます。

ご提案をさせて頂くまで、リダン仕上げの存在をご存知でないお客様も多くいらっしゃいます。

そんなリダン仕上げはどのような修理なのかと言いますと…

 

文字盤のリダン仕上げ

文字盤のリダン仕上げは、劣化や変色をしてしまった文字盤の修復に最適な修理でございまして、文字盤の比較的劣化していない部分の色を参考に、再塗装、再ロゴ入れを行い、新品のように修正を行う修理でございます。

汚れで醜くなりました文字盤に有効な修復作業でございますが、完全オリジナルに戻る訳ではございません。

経年変化により文字盤の変色が進んでいる場合は、時計本体ケースと文字盤の接触部分をお色の参考にさせて頂きます。

文字フォント・書体につきましては出来る限り元通りの物を採用致しますが、原型が不明な状態となってしまっている場合は、職人の任意にて決定をさせて頂きます。

 

少々理解するまで、お時間がかかる修理内容ですが、簡単に説明しますと、劣化してしまった文字盤を一度剥がし→再塗装+ロゴ入れを行い、新品の文字盤の様に作り変えてしまう、と言う様な修理でございます。

 

元のデザインを元に再印刷を行う為、オリジナル(純正)と100%同じと言うわけではございませんが、見た目は遜色ない程綺麗に仕上がるものでございます。※デザインにより完成度は異なります。

 

本来は、劣化した文字盤や、塗料が剥がれてしまった文字盤に使用される技術でございますが、近年は文字盤の色を好みの色に変える為にお任せ頂けるお客様も多く、需要の可能性を感じます。

 

特に多いのは、セイコー、ロレックスの文字盤の色の変更でございます。

 

ブランド問わず承れますのご興味のあるお客様は、是非一度、私近藤までお問い合わせくださいませ。

 

修理金額の概要

・文字盤のリダン仕上げ 30000円〜40000円

リダン仕上げに掛かる費用は、30000円代が多いです。特殊なデザインの文字盤は要見積もりとなります。

今日の業務目標

・見積りを25件ご案内します。

・必要資材の発注

今日の業務スケジュール

10:00 –窓口にてお時計をお預かり致しました。11:00 –お時計の修理の見積もりをメールにてご案内致しました。
12:00 –休憩を頂きました。
13:00 –お時計の修理の見積もりをメールにてご案内致しました。
14:00 –窓口にてお時計をお納め致しました。
15:00 –窓口にてお時計をお預かり致しました。
16:00 –必要資材の発注を行いました。
17:00 –打ち合わせを行いました。
18:00 –お時計の修理の見積もりをメールにてご案内致しました。
19:00 –日報の作成

あすへの引き継ぎ事項

・見積りを25件ご案内します。

・必要資材の発注

日報作成時間

19:00 – 19:00

修理工房 近藤へのご相談はこちらから

<只今、多くのお問い合わせ・ご依頼を頂いておりますため、順番にご対応させて頂いておりますが、ご返信に3日〜4日間ほどお時間頂く事がございます。ご了承ください。>

[確認]入力内容をご確認ください。

ブランド(分かれば機種名も)
ご相談の内容(複数回答可) ▼メンテナンス

▼動作の不具合

▼機能の不具合

▼内装の不具合

▼外装の不具合

▼その他の症状
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
お名前
E-mail
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

上記入力内容で送信する場合は、下記「時計修理工房 近藤に相談してみる」ボタンを押してください。

 

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同