時計修理工房の椙山でございます。本日も、丁寧にお直しをご検討くださったり、慎重にお見積りをご確認いただいたり、修理のご用命をいただいたり、ありがとうございます。本日、ほとんど時計修理の業務に携われませんでしたので、簡単なお写真を掲載させて頂きます。

今日の写真【看板】

すっかり暗くなってしまいましたね…。写真は、当店の「看板」でございます。暗くて周りの様子が全くわかりませんが…同じような看板がぶら下がっており、同じような店構えが並んでいる通路でございます。そのため、看板がなかった頃はどこに窓口があるかがわかりづらく、迷われるお客様が多数いらっしゃいました。(ご迷惑をおかけし申し訳ありません)この独特の文字は、平野さんとそのご友人にシートを切ってもらって作成いたしました。そう、手作りなのでございます。

手作り特有の歪みといいますか、粗さがございますが、それも「味」として、ご容赦いただけますと嬉しく存じます。

今日の業務目標

  • 煩雑な確認作業で漏れがないように気をつける
    →今のところは作業や連絡に漏れは生じていないようです

今日の業務スケジュール

10:00 – 新規のご相談に対して案内のメールを、進捗状況の確認のメールに対して職人へ状況を確認するなど行いました。
11:00 – おひる時を避け、吉野家へ。
12:00 – 平野さんから引き継ぐ業務を覚えました。
13:00 – 取引先様の元へ徒歩で行き、業務で使う資材を覚えました。
14:00 – 到着した修理依頼品を確認し、お客様各位へ連絡いたしました。
15:00 – 職人さんの元へお伺いし、修理の状況確認と、世間話をいたしました。
17:00 – 修理が完了したお品物の動作確認、強度のチェック、梱包の準備を行いました。
18:00 – 平野さんに、業務で使うホームページやソフトウエアのシステムを教えてもらいました。
20:00 – 終了

あすへの引き継ぎ事項

  • 職人さんのご来訪がございます
  • 到着品の確認や、修理完了品の発送に携われるかと思います

日報作成時間

20:30 – 20:50

 

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



椙山【時計修理工房】

この日報は、 椙山【時計修理工房】が執筆しました。

小さい頃から音楽や美術が好きで、それが高じ、大学はデザイン学部に入学。色彩感覚を養ったり、美術史や画像の加工方法を授業で学び、作曲や音響学を専攻する研究室で「図形楽譜」について造詣を深め、「DTM(作曲をおこなうソフトウエア全般)のグラフィカルユーザインターフェース」と「図形楽譜」は、どこでどう関連できるのか、今後どう関連していくか…等について研究しておりました。この大学卒業までの24年間、自分の好きなことにかまけてしまい、他人を思いやる気持ちや信頼を築く大切さを理解できませんでした。時計修理工房で、自分に欠けていたそれらを養わんとばかりに、日々研鑽しております。よろしくお願いします。

椙山【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA