午前中はゲリラ豪雨に見舞われるなど、名古屋市内はもちろん全国的に台風の影響に踊らされてしまった一日でございました。
悪天候の中もご来店いただくお客様には感謝が尽きません。本日も多くのお客様のご来店、お問い合わせをいただきありがとうございました。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様からお預かり致しましたお時計4本をご紹介致します。

今日のお時計【エルメス・アルマーニ・カルティエ・ブルガリ】

「何年か前にお願いしたことがあるんだけど、またベルト修理と電池交換をお願いしたくて。」

弊社の窓口が移転する二年前の出来事でございました。エルメスのお時計を数度、ベルトの修理やオーバーホールのためお任せいただきました。当時、私石川(いしかわ)はまだ入社しておりませんでしたが、現在窓口のある場所より徒歩数分のビルにご来店いただいたとのことでございました。前回の記憶を頼りに、移転前のビルまで足を運ばれてしまい、たいへん蒸し暑い中再度当窓口までいらしてくださり・・・誠にありがとうございました。
ここ最近は腕時計自体を身に着けることがなく、お時計のことも忘れかけていらしたそうですが、再び当修理工房の存在を思い出していただいたのですね。夏の終わり、特に本日のような湿度が高く、突然雨がふることもある日が続けば、腕元は汗や雨などで水分をまとってしまいます。腕元のベルトに不快感を感じることや、水分がお時計内部に入るなど悪影響を及ぼすことを恐れ、Q様のようにお時計を身に付ける頻度が減るというのも確かに頷けます。そのため、これから到来する涼しい時季に向け、思い切ってお持ちのお時計を4本メンテナンスされたい、とお話いただきました。
3本のお時計は電池の交換や点検を、そして以前にもお預かりしておりましたエルメスのお時計は再度ベルトのピンについて修正またはベルトの交換をご提案させていただきたく存じます。このたびも私どもに大切なお時計をお任せいただき光栄に思います。思い入れのおありであるすべてのお時計を、これから沢山の機会に活躍させていただけるようお直しのご提案に努めてまいります。

 

「エルメスのお時計は、【エルメスのための修理工房】のページでも受け付けております。」

より専門性の高い情報を記載しておりますので、是非ご覧ください。

https://wr-hermes.com/

 

今日の業務目標

  • 奥平さんが明日より不在となりますので、スタッフでカバーし合い、明日はお時計のお受け取りとお納めの作業を担当致します。効率良く動けるよう、よく考え行動致します。→普段他のスタッフが担っている、お時計のお預かりおよび受付に関する業務や窓口でのご対応など積極的に行い、協力し合いました。

 

あすへの引き継ぎ事項

  • 本日20本近くのお時計をお預かりし、状態確認の記録が完了しておりません。明日の朝一番に本日受け付け分を点検、記録してまいります。
  • 今週の平日最終営業日となりますため、修理を完了したお時計を土曜日の営業日に受け取ることが出来ますようお客様に順次お納めの準備を進めてまいります。

日報作成時間

19:20 –  20:00

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同