2月の最終営業日が終了致しました。今月は通常より短い営業日数となりましたが、お問い合わせを頂いたお時計の本数は470以上。本数もさることながら、なお毎日お問い合わせが止まないことに、職人さんともども日々驚いております。1本1本のお時計、すべてのお客様との出会いを大切に過ごしてまいります。今月もたくさんのお時計をお任せいただきありがとうございました。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様よりお預かりさせていただいたラドーのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【ラドー】

「父が船乗りの祖父から貰い受け、このたび出てきたと私が貰い受けました。動くものの、腕にしていても止まってしまい、時計としての機能が果たせません。」

お時計を受け取られた、C様ご家族三世代にわたり受け継がれている大切なお時計でございます。歴史を感じる小キズやレトロなデザインが非常に味わい深いですね。船乗りのお祖父様と長い旅路をともにし、お父様に人生にも寄り添ってきたお時計・・・ロマンを感じさせます。
どうにか動いて、また時を刻み続けるお時計として腕にはめ、C様からさらにお子様、お孫様へと受け継がれるよう、オーバーホールでの機能改善をご提案させて頂きました。
作業は危険を伴うことでもございました。なぜなら、一つでも交換が必要な部品があり、それがメーカーさんでしか入手できない部品であれば、すでにメーカーさんでの部品保有期限をゆうに超えているため交換ができず修理も頓挫してしまう危険性があったためです。しかし、このたび分解および清掃、機械油を差しながらの再組立により、お時計は息を吹き返しました。上記のエピソードに加え、修理作業までもロマンティックなお時計でございます。C様のお手元へは近日中にお納めをさせていただく予定でございます。【16854】

今日の業務目標

  • お電話口、窓口での明るいご挨拶とご対応を心がけます。→いつも以上に第一声に張りをもたせるよう意識しました。
  • お客様のお問い合わせに対し、お話しをじっくり伺いながらプラスになるご提案、誘導を行います。「お力になりたい」気持ちをお伝えします。→結果お電話口で3件の無料梱包パックのご注文を承りました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 17166、16769のお客様へ修理の経過報告をご連絡するお約束を守ります。
  • 3月初日ですので、金庫出納帳やお時計の管理票などの書類2月分をまとめます。

日報作成時間

19:35 – 19:59

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA