時計修理工房の椙山でございます。本日も様々な地域、および様々なお困りの症状をお電話にてご相談くださいまして、誠にありがとうございます。

本日印象に残ったお問い合せは「ボーム&メルシエ」のお時計の修理について、お電話にてご相談をくださいました岐阜県岐阜市のE様。スイス本国で購入されたとのことで、とても思い入れものだとか。

5年間、お部屋で保管なさっていて、久しぶりに身につけようとすると、リューズも針も動いてくれないとのこと。長くご使用されないことで、摩耗を減らすために部品に塗られている油脂(グリス)が固まり、リューズも動かなくなっているのではないでしょうか。

「定期的に使っていればこんなことにならなかったのかしら…」

たくさんのお時計を所持されている方にとっては、どの時計もまんべんなく定期的に使用する、選んで使うというのは、大変なことかと思います。お話をお伺いする限り、内部の歯車の交換は必要なく、オーバーホール作業で部品をひとつひとつ洗って、油をさしなおせば、動き出すのではないでしょうか…。

お見積りをお願いしたいけれど、近々、名古屋にいらっしゃるご予定はないとのこと。ということで、先日の報告で述べた梱包パックをお送りする運びとなりました。大切なお時計の到着を、心からお待ちしております。

写真は、当工房から見える景色でございます。この写真からではわかりませんが、この中は、路地裏が複雑に入り組んでおり、風情のある建物が立ち並ぶ景色が広がっております。窓口へお立ち寄りの際、お時間に余裕がございましたら是非とも歩いてご覧くださいませ。

本日は、あいにくの曇り空でございますね。

今日の業務目標

  • 誰にでもわかりやすい言い回しで見積を案内し、無用なご質問を極力させてしまわないようにする
    …1件1件の見積作成に多く時間を割いてしまい、身の回りの業務を行えませんでした。

今日の業務スケジュール

10:00 – メール返信
12:00 – お昼休み
12:30 – 社用車の状態の確認
13:30 – 長く見積のお返事をいただけてないお客様へ連絡
14:00 – 梱包パックの準備
14:30 – 見積の作成
16:00 – メール返信
18:00 – データの整理と見積の作成、お客様ご来店
19:00 – 職人のご来訪

週明けへの引き継ぎ事項

  • 再度お見積りを依頼されたお客様方4名へ連絡(椙山のパソコンに貼ってあるメモ)
  • 職人のもとへ伺う
  • 窓口へご来訪されるお客様の対応

日報作成時間

20:00 – 20:20

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



椙山【時計修理工房】

この日報は、 椙山【時計修理工房】が執筆しました。

小さい頃から音楽や美術が好きで、それが高じ、大学はデザイン学部に入学。色彩感覚を養ったり、美術史や画像の加工方法を授業で学び、作曲や音響学を専攻する研究室で「図形楽譜」について造詣を深め、「DTM(作曲をおこなうソフトウエア全般)のグラフィカルユーザインターフェース」と「図形楽譜」は、どこでどう関連できるのか、今後どう関連していくか…等について研究しておりました。この大学卒業までの24年間、自分の好きなことにかまけてしまい、他人を思いやる気持ちや信頼を築く大切さを理解できませんでした。時計修理工房で、自分に欠けていたそれらを養わんとばかりに、日々研鑽しております。よろしくお願いします。

椙山【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA