本日もご来店、お問い合わせをいただきありがとうございました。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様よりお預かり致しましたペキニエのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【PEQUIGNET】

フランスはモルトーという、時計製造の中心地で誕生したフランスの独立系ラグジュアリーウオッチブランドのペキニエ。スイス誕生のブランドが栄える時計ブランドが多いなか、ユニークでハイセンスなお時計が多いように思えます。
C様のお時計は、ご購入から14年もの間、電池交換を数回行いながら大切に愛用されていたようでございます。しかしながら、このたびの電池交換のご依頼には、”症状の心当たり”として「電池の液漏れ」が思い当たるとお申し出いただきました。
液漏れとは、作動するに十分でない電気量=電池切れ状態になってから、長らくの時間放置された状態にございますと、化学反応によりガスが発生し、それが電池外に飛び出してしまう現象を指すそうです。外観からは変わりなく見えるお時計も、その内部では耐えきれなくなった電池が、少しづつ具合を悪くしてしまいます。その液は、内部の部品にも影響を及ぼし、きれいに除去する必要があります。電池交換だけのつもりが、オーバーホールまで実施しなくてはならないということになりかねません。
液漏れしてしまっているのか、まずは内部状態を拝見させていただく次第でございます。
このたびは大切なお時計のお直しをご相談いただき、誠にありがとうございます。【31962】

今日の業務目標

  • 先週土曜営業時間外〜本日営業時間内にいただいた、すべてのお問い合わせのメールにご対応いたします。→完了しました。
  • 窓口に郵送で到着したお時計、ご来店頂きお預かりしたお時計の受付業務を行います。→データ入力、お客様へのお時計到着のご報告、どの職人さんに持ち込むかの検討を20件分完了しました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 本日営業時間外〜あす営業時間内にいただいた、すべてのお問い合わせのメールにご対応いたします。

日報作成時間

19:10 – 19:40

修理工房 石川へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド
(分かれば機種名も)
ご相談の内容 ※ 作動しない。クロノグラフ不具合。カレンダーの不具合。時計の遅れ/進み。リューズの破損。押しボタンの不具合。風防/ガラスの交換。文字盤の破損/汚れ。12時位置の針ずれ。針のぐらつき/脱落。ベゼルの傷・破損。ベルトの傷・破損。ベルト交換。オーバーホール。時計外装の研磨。電池交換。ベルトの長さ調整。
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
おおよそのご予算
お名前 ※
E-mail ※
電話番号 ※
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA