もう今年も残り半月ですね、と職人さんと言葉を交わしました。お客様からお問い合わせをいただく中にも、年内の修理完了を望まれるお声を頂戴しております。ご希望に添えるようできうる限り職人さんと二人三脚で今年の終わりまで駆け抜ける次第です。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様よりお預かりさせていただいたフォルティスのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【フォルティス】

「内部に水が入ってしまいました。」

お水の内部侵入により曇りが出てしまうとお困りのQ様のお時計。私石川がお見積りのご案内をさせていただいたものでございます。
やはり、内部の水分や湿気をお取りするために分解作業を行わなくてはなりません。合わせて時刻のズレ等も改善をご希望されておりましたので、オーバーホールの作業を経て改善させていただくことをご提案致しました。
また、ご要望にはございませんでしたがクロノグラフのレバーに動作の不具合が見受けられましたので、ご一緒に交換されても良いかもしれません、とお伝え致しました。
Q様は私どもの提案を真摯に受け止めてくださり、オーバーホールおよび部品の交換をお任せくださいました。ありがとうございます。
先ほど、無事に修理を完了しました。明日、早速ご報告させていただきます。

今日の業務スケジュール

10:00 – 昨日の日報を報告しておりませんでしたので、業務時間前より仕上げておりました。
10:20 -本日窓口に到着したお時計の状態の確認、どの職人さんにお任せするかの検討を行いました。
11:00 – 消耗品の買い物と銀行振込をするため外出しました。
13:50 – 休憩を取りました。
14:40 – 修理を完了したお時計、無料梱包パックの発送準備を行いました。
15:00 – 職人さんより修理を完了したお時計を受け取りました。窓口での最終チェックを行い、明日の発送分として準備を進めました。
18:00 – 修理代金をご入金いただいたお客様へ、お礼のご連絡を差し上げました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 16245のメーカー手配の件を岸さんに相談し、職人さんに依頼をする予定です。
  • 本日修理を完了したおよそ30本以上のお時計の最終チェックを行い、お客様へご報告および発送の準備を致します。

日報作成時間

19:10 – 19:40

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA