修理工房の近藤でございます。本日もたくさんのご来店、誠にありがとうございます。

本日は、バネ棒をご紹介致します。宜しくお願いします。

今日のお写真【

ほとんどのお時計に使用されているバネ棒は、縁の下の力持ちでございます。
ブレスレットとケース本体の繋ぎ目や、バックルとコマの接続部、革ベルトの尾錠部分などなど、
主にベルトと何らかの部品を接続するめにバネ棒は使用されております。

バネ棒は金属でございますので、強度は充分にございますが、接続部に多く使用される為、磨耗や、汚れによる固着を
起こしやすい部品でもあります。磨耗してしまいますと部品としての強度が落ち、曲がりが発生します。

バネ棒が曲がってしまいますと、お時計とベルトとの間に隙間ができたり、カチャカチャと音が出たりします。
また、固着を起こしてしまいますと、バネ棒の脱着不良や、腐食により破損し、お時計の落下の原因にも繋がります。

ご心配でございましたら、お時計をご確認頂き、
バネ棒が錆びていたり、曲がりが発生している場合は、交換をお勧め致します。
またバネ棒は、お時計に合った太さや長さがございますので、交換の際は是非私近藤までご相談ください!

 

今日の業務目標

・見積りを25件ご案内。

今日の業務スケジュール

10:0013:00 -お時計の受付。
14:00 -休憩を頂きました。
15:00 –17:00 -見積り案内。
18:00 -郵便局へ行きました。
19:00 -梱包ボックスの手配。

あすへの引き継ぎ事項

・見積りを25件ご案内。

日報作成時間

19:00

修理工房 近藤へのご相談はこちらから

[確認]入力内容をご確認ください。

ブランド(分かれば機種名も)
ご相談の内容(複数回答可) ▼メンテナンス

▼動作の不具合

▼機能の不具合

▼内装の不具合

▼外装の不具合

▼その他の症状
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
お名前
E-mail
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

上記入力内容で送信する場合は、下記「時計修理工房 近藤に相談してみる」ボタンを押してください。

 

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA