おはようございます、時計修理工房の平野でございます。昨日は業務が滞り、日報をご報告せずに退社いたしましたこと、謹んでお詫び申し上げます。本日の名古屋は曇り時々晴れ。梅雨時季の晴れ間はなんだかいつもより嬉しく感じてしまいますね。梅雨明け、夏の到来を肌で感じながら、業務に励む所存でございます。

本日7月10日(金)の窓口の空き状況は、13時〜15時、17時〜18時。と、週末にしては比較的空いております。お時計のことでお悩みのことがございましたら、是非とも名古屋の窓口までお気軽にお越し下さいませ。(※ご来店の際はお電話にてご一報いただけますと、スムーズにご案内ができます。)

昨日のお時計【ティソ】

昨日修理が完了し、お客様にご報告させていただいたティソ・グランドクラスエリート。今年の春先に「中留の修正」と「ベルトの洗浄」をさせていただいたお時計の再依頼として私どもにお任せいただいたお時計でございました。今回のご依頼は、前回お直しさせていただいた中留ではなく、6時側のベルトピンの欠損によるご相談ではありましたが、前回中留の修理を行った職人が担当となり、しっかりとお直しさせていただきました。

金属や革、ラバー、布…と、様々な素材を用いて作られているお時計のベルト。素材や形状、使用環境、状況により経年劣化や素材疲労は大きく異なってまいります。毎日のように腕に装着し、ご愛用されているからこそ、壊れてしまうのは致し方ないのではないでしょうか。誰ひとり、お時計ひとつとして、同じものはございません。

もし、大切なお時計のベルトが不幸にも破損してしまわれた際は、是非一度、私どもにご相談下さいませ。コマひとつ、ピンひとつの欠損からベルト本体の交換、果てはベルトそのものの作成まで、お客様のご要望に合ったご提案をできるだけ、できる限りご案内差し上げる所存でございます。

日報作成時間

9:15 – 18:38

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



平野 【時計修理工房】

この日報は、 平野 【時計修理工房】が執筆しました。

こんにちは、時計修理工房の平野です。愛用の時計はラドーのゴールデンホースでございます。僕が生まれるずっと前から受け継がれ、愛用されている。そんな物語を感じさせるようなアンティークのお時計が好みでございます。

平野 【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA