当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。このブログでは時計修理工房のスタッフが日々の業務日報をお客様のお時計とともにご報告いたしております。全国から郵送でお預かりしておりますが、顔も見えない相手に大切なお時計を渡すのに抵抗のあるお客様もいるかと存じます。このブログをご覧になることで少しでも安心してお時計をお預け頂けるお客様がいましたら幸いにございます。

それでは本日も時計修理工房の福井から業務日報をご報告いたします。また私は明日から二日間、土日出勤の代休としてお休みを頂きます。何卒よろしくお願いいたします。

今日のお時計【チュードル】

写真のお時計は、修理の完了いたしましたK様のチュードルでございます。愛知県北名古屋市にお住まいのK様は6月15日に当店の窓口にお越しいただき、私がお時計をお預かりいたしました。

バラのマークが特徴的なこのお時計は手巻き時計で、リューズでゼンマイが巻けなくなってしまい動かなくなったものでございました。K様はオーバーホールをご希望ではございませんでしたが、リューズや内部機械の交換や修理が必要な場合にオーバーホールが必須となる場合があるとお伝えしておりました。

その後職人が調べましたところ、受ネジとよばれる機械を固定するの外れがあり、これにより歯車がうまく噛み合わずリューズが空回りしてしまっていたということでございました。この受ネジを再取付することでゼンマイは巻けるようになり動作もする状態ですが、機械油の劣化やサビもございましたので、K様には今後ながく使用する上でオーバーホールをお勧めいたしましたが、安価である受ネジの再取付での修理をご用命いただきました。

修理を終えたお時計は確かな手応えでゼンマイが巻き上がり、しっかり動作しております。本日完了報告を留守番電話に録音しメールをお送りさせていただきました。

今日の業務目標

  • 納品に従事いたします。その後見積り作成をいたします。
    →お返しできるお時計の納品をほぼ終えましたが、本日完了したお時計がたくさんございます。見積作成にはほとんど着手できませんでした。お待たせしておりますお客様には本当に申し訳ございません。

今日の業務スケジュール

10:00 – 納品業務に従事いたしました。完了したお時計のご連絡や発送、キャンセルや修理不可のお時計のご返却の連絡、またいくつかお見積りのご連絡をいただきました。
13:00 – 昼休憩をいただきました。
14:00 – 引き続き納品に従事いたしました。窓口で新規のお客様よりお時計をお預かりいたしました。

あすへの引き継ぎ事項

  • 本日完了しましたお時計がたくさんございましたが、納品をこなし、お見積り作成に時間をとりたく存じます。
  • 明日、明後日は私はお休みをいただきます。何卒よろしくお願いいたします。

日報作成時間

20:10 – 20:50

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA