時計修理工房の岸でございます。いつも多くのお問い合わせ、ご来店を頂き誠にありがとうございます。本日はゼンマイが巻けなくなったオメガのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【オメガ

ご購入から約10年、調子良く動いていてたオメガ シーマスター が突然ゼンマイが巻けなくなり、停止してしまったとご相談を頂きました。

メンテナンスを行っていない事から、オーバーホールも合わせて行ってほしい。

この度はお問い合わせ頂き、誠にありがとうございます。お時計内部を拝見し、修理のご提案を差し上げます。
私の所見では、ゼンマイ切れの可能性が高いです。
以前、別のお客様より「ゼンマイのみ交換を行えば直る?」と、ご質問を頂いた事がございます。部分修理を行えば、原因は解決。使用できる状態に戻るのですから。当然皆様もお考えになられるかと存じます。
しかし、ゼンマイを交換するにはオーバーホールと合わせて修理が必要なのです。

私も入社当初、職人さんへ「なぜ、ゼンマイ交換だけ行って頂けないのですか?」と、伺った事がございます。

『ゼンマイ部品は時計の内部にあるから、ムーブメント(時計の動力機構部分)を分解して交換するんだよ。申し訳ないが、一度分解をしてしまうと元通り動かすには本当に大変なんだ。劣化した油がついた歯車を再度組み上げても、お客様の手元ですぐに止まってしまったり、動かない事もあるんだよ。汚れが歯車の間に入ってしまってね。』

「それではお客様にご案内できないですね。どうすれば良いのですか。」

『万全を期す為には、全ての部品を洗浄して組み上げ、精度確認、裏蓋を閉めたら防水検査を行う事だね。」

「分解、洗浄、組み立て、精度調整、防水検査…それってオーバーホールですよね?」

『そうだよ。』

「なるほど…。作業の工程上、オーバーホールが必要という事ですね。
修理したはずの時計がすぐに止まったら、お客様はとても心配をされます。またお預かり頂かないといけませんし、返ってご迷惑をおかけしてしまいますね。」

『その通り。費用を抑えて修理をしたい気持ちもわかるけど、申し訳ないがオーバーホールと合わせて修理をお願いしている。ゼンマイだけでなく、内部部品(歯車)も一緒。』

「ありがとうございました。」

以上が、職人さんに伺った時の会話でございます。
職人さんは、オーバーホールの必要性を「作業の工程上」と申しておりますが、お客様にご迷惑をかけたくない、安心して時計を使ってほしいという点を強く感じました。
入社して間もない私には、大変勉強になった会話でございます。
皆様にもご参考になればと、ゼンマイ交換とオーバーホールについてご紹介をさせて頂きました。

 

「オメガのお時計は、【オメガのための修理工房】のページでも受け付けております。」

より専門性の高い情報を記載しておりますので、是非ご覧ください。
https://watch-repair-omega.com/

 

今日の業務スケジュール

10:00 – 職人さんより届いた所見をお客様へお伝え致しました。
15:00 – お時計お納め為、発送準備を行いました。
16:00 – 休憩を頂きました。
17:00 – 引き続き、職人さんより届いた所見をお客様へお伝え致しました。
19:00 – 職人さんよりお納め頂いたお時計の最終確認を行いました。

引き継ぎ事項

  • お問い合わせフォームよりお申込み頂きましたお客様、メールでご相談を頂きましたお客様へ順次ご連絡を差し上げます。
  • お見積りの期限の近いお客様には、順次ご連絡を差し上げます。

日報作成時間

22:30 – 23:00

オメガ { OMEGA } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、オメガの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「オメガ修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のオメガ { OMEGA } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



岸 【時計修理工房】

この日報は、 岸 【時計修理工房】が執筆しました。

TAG HEUER CARRERA を使用しております時計修理工房の岸でございます。私の時計は初めてのボーナスの時に少し背伸びをして購入致しました。購入から1度メンテナンスを行っており、現在も元気に動いております。少し進み気味でせっかちな時計ですが、思い入れのある時計でございます。 お客様のお時計にも様々な思いが込められているかと存じます。お時計の思い出をお聞かせ頂けますでしょうか。ご相談をお待ちしております。

岸 【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同