秋晴れの気持ち良いお天気に、上着1枚脱いでしまうような気温でございました。このまま良いお天気が続けばよいのですが、土日にはまた崩れてしまうかも、と職人さんが額に汗を浮かべながら教えてくださいました。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様よりお預かりさせていただいたセイコーのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【セイコー】

「母より形見分けしてもらった父の時計です。今後も末永く使いたいので、目立つ傷を治し、オーバーホールを希望します。

大切なお時計をお任せくださいまして、誠にありがとうございます。
Z様のお父様がご愛用されていたセイコーのお時計は、文字盤やベルトに傷や汚れが見られました。綺麗にして、今後もお使いいただけるようにとこのたびオーバーホールとダイヤルリダンをご用命頂きました。また、傷の目立つガラスも交換をさせていただきました。すると、本日修理を完了したお時計はつやめきを取り戻し、感動を覚える仕上がりに。

「プリントしたように綺麗に仕上がりました。昔は手で修復していたのだけど、今ではこんなに技術も発達しているんです。」

と、ダイヤルリダンについて職人さんが教えてくださいました。
Z様にも、お父様の思い出とともに末永くご愛用していただけることと存じます。

今日の業務目標

  • お見積りにお返事をいただけていないお客様にご連絡し、ご意思をおうかがいします。→本日はお返事をいただけていないお客様を抽出することと、書類の整理のみ行いました。明日以降時間を見つけ随時行います。

あすへの引き継ぎ事項

  • 職人さんからの請求書に目を通し、1点1点チェックしてまいります。
  • お見積りにお返事をいただけていないお客様にご連絡し、ご意思をおうかがいします。
  • 修理を完了したお時計を職人さんより受け取りましたので、順次お客様にご報告し、発送の準備を行います。

日報作成時間

18:20 – 18:50

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同