昨日、修理の完了したお時計を職人さんより、窓口へとたくさんお納めいただきました。本日はその多くのお時計をお客様のお手元へお納めするべく、ご連絡や発送の業務を行っておりました。
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様の修理を完了したジラールペルゴのお時計をご紹介致します。

今日のお時計【ジラールペルゴ】

愛知県尾張旭市のお客様よりお任せいただいたのは、文字盤の小さな針が外れてしまったジラールペルゴのお時計でございます。
形状の小さな針は衝撃に弱く、職人さんの手作業によるお取り付けの作業が必要となります。写真の通り、文字盤状を転がる小針をご覧になり、R様もきっと歯痒い気持ちでいらっしゃったことと存じます。
また、針が取れてしまったというご相談は決して少なくはございません。繊細な機械だからこそ、修理後は特にお時計をぶつけるなどして衝撃を加え無いようにご注意いただかなければなりません。一度お直しをされるからこそ、以前にも増してお時計を大切に、愛情深くお使いいただけるのではないかと思い、本日R様のお手元へお時計をお納めいたしました。

今日の業務目標

  • 銀行での振込や金庫のチェックなど、休みを取っていた間にできなかったことを完了します。→振込等は午前中に済ませ、金庫のチェックや修理代金をご入金頂いたお客様へのご連絡などを完了しました。

今日の業務スケジュール

10:00 –  事務所内、窓口の清掃とお客様へお出しするお茶の準備を行いました。
11:00 –  お客様へお時計をお納めする準備を行いました。
12:00 –  振込や書類提出のため、ATMと税金事務所へ行くため外出しました。
14:00 –  休憩を取りました。
15:00 –  無料パックの発送準備を行いました。
16:00 –  引き続きお客様へお時計をお納めする準備を行いました。
18:00 –  本日到着の梱包パック9件の開封と受付作業を完了いたしました。それぞれを、どの職人さんのところに持ち込むかを検討しました。
19:00 – 修理代金をご入金頂いたお客様へ、お礼のご連絡を差し上げました。

日報作成時間

21:00 – 21:20

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA