本日も朝から夜までたくさんのお問合せありがとうございます。窓口の営業は朝10時から夜の18時迄ではございますが、お電話での問合せは夜の19時まで受け付けておりますので、お気軽にご相談いたければと存じます。

時計修理工房の平野から本日の日報をお送りさせて頂きます。

今日のお時計【コルム】

 

「あちゃー、綺麗に折れちゃってるね。」

本日工房にお持ち込みし、職人お見せしたコルムのお時計。6時側のベルトが根本から折れ、ご使用に耐えかねる状態となってしまっておりました。ピンの修正やコマの交換での修理ができない部位の破損であったため、「修理でのお直しは難しいのではないだろうか・・・」と、おずおずと職人に差し出し、修理の可否をお伺いしたところ、

「これだけ綺麗に折れていれば、ロウ付け修理もし易いんじゃないかな?」

と、私の「修理の可否」の心配を他所に、既に「どうやって修理するか」まで考察しはじめていただいておりました。毎回のことながら、職人の言葉には驚きと感動を隠せません。少々高額なお見積になってしまうものの、ロウ付け修理は任せて欲しいと自信満々に仰っておりました。

御年51歳現役のロウ付け職人の御業。まだ見積りもご案内できていない状況ではございますが、修理中の職人の手付き、修理後のお時計の姿、お渡し後のお客様の笑顔、色々と想像が広がり、思わず笑みがこぼれてしまいます。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

今日の業務目標

  • 業務マニュアルを作るにあたり、できるだけ丁寧に分かり易く詳細を記述する。
    →完成したものから順に、石川さんや椙山さん、岸さんに見て頂き、早速業務でご使用いただいております。厳しいご指摘お待ちしております。

今日の業務スケジュール

09:00 – 社用車のプリウスを洗車いたしました。いつもお世話になっております。
11:00 – 売上管理などの事務的な業務のマニュアルを作成いたしました。
12:00 – 切れてしまったトイレの電球を買いに行きました。
13:00 – 電気代や通信費のお支払いをいたしました。
14:00 – 通帳記帳のため銀行に行き、帰りに昼ごはんのおにぎりを購入しました。
16:00 – 職人が働いている工房へお伺いしてまいりました。
17:00 – 修理が完了したお時計を確認し、福井さんに引き継ぎ致しました。
18:00 – 修理代金のお振込みを照合し、お客様にお礼の連絡を差し上げました。
19:00 – 作成した業務マニュアルをスタッフ各位にお渡し致しました。
20:00 – どのようなご指摘をいただくかドキドキしながら、マニュアルの続きを執筆しておりました。

日報作成時間

21:00 – 21:30

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



平野 【時計修理工房】

この日報は、 平野 【時計修理工房】が執筆しました。

こんにちは、時計修理工房の平野です。愛用の時計はラドーのゴールデンホースでございます。僕が生まれるずっと前から受け継がれ、愛用されている。そんな物語を感じさせるようなアンティークのお時計が好みでございます。

平野 【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA