修理工房の近藤です。本日もたくさんのお問い合わせありがとうございます。

本日は、ガス記念日でございます。これは1872年10月31日に横浜市の大江橋から馬車道・本町通りにかけて十数本のガス灯が灯ったことを記念するものです。

本日はガスエスケープバルブをご紹介致します。宜しくお願い致します。

今日のお写真【

ガスエスケープバルブは、潜水時お時計の内部に溜まったヘリウムガスを放出するためのバルブでございます。
【ヘリウムエスケープバルブ】とも呼ばれ高い防水性能を持つお時計に装備されております。

通常のダイビングなどで潜るときは、普通の空気を圧縮したものを、タンクに入れて背負い、それを呼吸しながら、潜水します。空気の80%は窒素であり、窒素は普段は無害ですが、水圧の掛かった高圧下では「窒素酔い」という症状を引き起こすことがあります。もっと深い場所で、作業する作業ダイバーなどは、窒素なしの酸素とヘリウムの混合気体を使用します。
ヘリウムは分子が小さいため、長時間作業を行うと、お時計などの隙間からヘリウムが入り込みます。高圧下で入り込んだヘリウムですので、当然高圧です。従って、そのまま浮上して周りの圧力が下がってくると、お時計の中が周囲より高圧となり、お時計を壊してしまいます。
これを防ぐ為に中のヘリウムを放出する機構が「」です。

今日のお写真はオメガのシーマスターでございます。

 

今日の業務目標

  • 見積を22件以上ご案内する。

今日の業務スケジュール

10:00 – 14:00 -見積作成、ご案内。
15:00 -休憩を頂きました。
16:00 –18:00 -見積案内、ご案内。

あすへの引き継ぎ事項

  • 11月がスタートします。11月の目標は1日見積25件ご案内することなので、毎日目指していきいます。

日報作成時間

20:00

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA