時計修理工房の三島でございます。本日もたくさんのご来店・お問い合わせありがとうございます。
本日はORIS(オリス)のご紹介です

今日のお時計【ORIS(オリス)】

本日はオリスのお時計をお預かりいたしました。
こちらのお時計は2年前にもベルトの修理でお預かりしておりました。
この度はゼンマイを巻いてもすぐに止まってしまうとうことでお預かりいたしました。

ご購入から9年が経過して、オーバーホールの未だ実施していないとのことで、内部の機械油の劣化が進んで、動作不良を起こしている可能性がございます。
完全に停止しているわけではなく、少しの動作があるとのことです。
ゼンマイが破損している可能性もございます。
ゼンマイが破損している場合、破損の箇所によっては多少動作することもごじざいます。

 

また、裏蓋のスケルトンから覗く、ローター(オリス特有の赤いペイントが施さております)を見ると動きが悪くなっているようでございます、こちらも機械油の劣化かもしくは、真の錆びつきが内部で発生している可能性がございます。

 

経年により機械油の劣化は進みますと、油が硬くなったり乾いたりして、各部品の動きが悪くなります。
また機械油の乾きは金属部品の錆びの発生を招くこともよくございます。
部品同士が接する摩擦が大きくなると部品の磨耗が早まることで部品の寿命が短くなる事もあり、部品交換が必要となってくる事もございます。

 

オーバーホールではこの機械油を入れ替えるため、一度全ての部品を分解し、劣化した機械油を綺麗に洗浄した後に、再度組み立て直しながら新しい機械油を注油いたします。
注油と言っても、とても薄く付ける事になりますので、素人では目視で確認できないレベルです。
スケルトンタイプの内部機械の見えるお時計でも、機械油の様子はなかなか判別できません。
またこの機械油は、時計や部品によって種類が異なる場合がございます。

 

この作業は、とても小さな部品を時には100点以上分解し、また元に戻すというとても繊細な作業となります。
咳をしただけで吹き飛んでしまうような部品もございます。
どうしてもお時間かかってしまう事、ご了承ください。

 

記念のお品のようでございますので、しっかりとお直してお納めできるよう努めさせて頂きます。

 

この度はご用命いただきましてありがとうございました。

 

「オリスのお時計は、【オリスのための修理工房】のページでも受け付けております。」

より専門性の高い情報を記載しておりますので、是非ご覧ください。

https://wr-oris.com/

 

今日の業務目標

  • メール、電話でお問い合わせ頂いたお客さまに迅速に対応いたします。

今日の業務スケジュール

10:00 – 12:30 – メール・電話にてお問い合わせのご対応をいたします。
12:30 – 13:30 – 休憩をいただきました。
13:30 – 14:00 – 無料の梱包ボックスをご依頼いただいたお客さまへ発送いたします。
14:00 – 19:00 – メール・電話にてお問い合わせのご対応をいたします。また窓口に来店させたお客さまのご対応をいたします。

明日への引き継ぎ事項

  • お問い合わせのお客さまへ的確なご案内をいたします。

日報作成時間

20:30

修理工房の三島へのご相談はこちらから

<只今、多くのお問い合わせ・ご依頼を頂いておりますため、順番にご対応させて頂いておりますが、ご返信に3日〜4日間ほどお時間頂く事がございます。ご了承ください。>

[確認]入力内容をご確認ください。

ブランド(分かれば機種名も)
ご相談の内容(複数回答可) ▼メンテナンス

▼動作の不具合

▼機能の不具合

▼内装の不具合

▼外装の不具合

▼その他の症状
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
お名前
E-mail
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

上記入力内容で送信する場合は、下記「時計修理工房 三島に相談してみる」ボタンを押してください。

オリス { ORIS } の修理をご検討中のお客様へ。

私たち時計修理工房(本社:愛知県名古屋市)は、オリスの修理、オーバーホール、メンテナンスの専門サイト「オリス修理工房」をご用意しております。過去に修理させていただきました実績や、モデル別の故障についてまとめておりますので、こちらもご参照をいただければ幸いに存じます。お問い合わせは当サイトのフォームでも、リンク先のフォームでも、どちらも同様に対応させていただきます。お客様のオリス { ORIS } を末長くご愛用いただけますよう、精一杯のサービスに努める所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



三島 【時計修理工房】

この日報は、 三島 【時計修理工房】が執筆しました。

スタッフの三島です。 静岡県浜松市に生まれ育ち、名古屋に移り住んでから早10年以上経過、今はではほぼ名古屋人となってしまいました。好きな名古屋めしは、味噌カツときしめんでございます。最近好きなラーメンは横浜家系ラーメンです。 昔から機械を使うのも好きでしたので、複雑な歯車の組み合わせで動く機械式時計や多機能なクオーツ時計を扱うのも例外ではなく、日々様々な時計と出会う事ができ楽しく働いております。 また国内外のブランド(時計メーカーに限らず)やその歴史が好きですので、私のブログは、それらに触れる内容が多くなっているかと思います。 お客様の想いの詰まったお時計をいつまでも快適にお使い頂けるよう、お力になれば幸いでございます。 お目にかかる機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

三島 【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


株式会社修理工房が、この「時計修理の日々」のブログに取り組み始めたとき、在籍していたスタッフはみな半信半疑でございました。修理の記録、日々の出来事を読んでくださるお客様が、果たしてどれくらいいらっしゃるか。まったく想像がつきませんでしたし、事実、最初の頃は日に数人しかアクセスがなかったのです。それでも続けた結果、劇的な成果を得ております。

いま、この「時計修理の日々」は、月に3万ものアクセスを獲得しております。日に直すと1000件近くございまして、圧倒的な数字でございます。これは株式会社修理工房が持っているウェブサイトの中でも、だんとつに多く、そして比例して問い合わせの件数も多いものであります。継続は力なり、と言われていた通りの成果にございました。

私たち株式会社修理工房は、お客様のお時計の修理、オーバーホールを担います。ブランドはロレックスやオメガなどの王道から、知る人ぞ知るマニアックなブランド、廉価な国産品も対応させていただいております。メーカーで断られてしまったお時計でも、弊社であれば直せる可能性がありますので、(あまり期待はせずに)お問い合わせをお寄せください。

私たちは、お客様のお時計を直すことによって、心にできた傷や綻びをなんとかしたいと考えております。時計は心にあると思う次第です。したがって、私たちは機械を直すのではなく、ひとの心に触れる仕事をしているのだという自負をしております。なるべくお役に立てるように努めて参ります。今後ともどうか、引き続きご愛顧をくださいませ。

2021年6月17日(木)
株式会社修理工房
社員一同