本日もご来店、お問い合わせをいただき誠にありがとうございました。
連休も間近となり、最大9連休の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
名古屋は初日の29日、雨模様のようですが、あとはお天気も味方をしてくれそうですね。

さて、当工房窓口も、連休中は工房がお休みとなりますため店休日を設けております。
お客様にはご迷惑おかけ致しますが、ご来店による修理のご相談、お時計のお引き取りのご予定にはお気をつけいただけますようお願い申し上げます。お急ぎでお引き取りをご希望の場合には、できる限りご対応いたしますので、ぜひ一度ご相談くださいませ。(オーバーホール等にはどうしてもお時間をいただいてしまいます・・・ご了承ください。)

〜ゴールデンウィーク営業日のご案内〜

4月29日〜4月30日  店休日
5月1日 〜 5月2日    通常営業(10:00~18:00)
5月3日 〜 5月7日     店休日
時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様から職人さんから教えていただいたお時計の内部事情をご紹介致します。

今日のお写真【サビの発生したお時計内部(一部)】

「動作が止まってしまった」「水が中にはいったかもしれない」といった状態のお時計は、内部部品にサビが発生してしまっている、ということがよくございます。数十〜数百の金属部品、それも米粒大程度のものやさらに小さいものから構成される精密機械でございますため、水分はときに湿気程度でも大敵となる場合がございます。
中が錆びている、と聞きますと、真っ茶色やえんじ色に変色してしまった部品たちと、全体的にツヤをなくし荒廃した砂漠のようなイメージの内部が想像されませんか。(ちょっと大げさかもしれませんね。)
しかし、本日職人さんに撮影していただいた「サビが発生している」お時計の内部は、そんなイメージとまったく異なるものでございました。これは・・・いったいどこが錆びているのでしょうか?
お写真中央の、歯車の中心にやや茶色みがかったサビがございます。たったこれだけ、と思われるものでございますが、一つ一つがミクロサイズの部品にとっては命とりとなるものなのです。このお写真はもちろん、一部をかなり大きく拡大しておりますから、職人さん方は吐く息で部品が飛んでいってしまいそうな距離で、レンズや顕微鏡を駆使されながらこのサビを見つけ出します。部品の先端がほんの少し錆びてしまうだけで、お時計が動かなくなることもあるのだそう。プロの目でしか見つけ出せない些細な変化は、お時計を長生きさせるためにも早期発見が必要なのでございます。
オーバーホールを行いながら、錆びついた部品は交換し、新品の部品を組み込みながら再組み上げを致します。お時計を愛する皆さまですから、日頃から大切にお取り扱いいただいていらっしゃることと存じますが、内部ではどんな変化が起こっているのかはなかなか知ることができないものです。少しでも変化を感じられたら、いつでもご相談くださいませ。

今日の業務目標

  • 到着したメールに対し、即日中に全てご対応差し上げます。→47件完了致しました。
  • 今週は土曜営業日がございませんので、週末にやり残したタスクがないよう注意して行動します。→お客様へのお見積りに対するご返答をうかがうため、5件ほどご連絡を差し上げておりました。明日も引続き、実施致します。

あすへの引き継ぎ事項

  • 到着したメールに対し、即日中に全てご対応差し上げます。
  • 今週は土曜営業日がございませんので、週末にやり残したタスクがないよう注意して行動します。

日報作成時間

19:45 – 20:20

修理工房 石川へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド
(分かれば機種名も)
ご相談の内容 ※ 作動しない。クロノグラフ不具合。カレンダーの不具合。時計の遅れ/進み。リューズの破損。押しボタンの不具合。風防/ガラスの交換。文字盤の破損/汚れ。12時位置の針ずれ。針のぐらつき/脱落。ベゼルの傷・破損。ベルトの傷・破損。ベルト交換。オーバーホール。時計外装の研磨。電池交換。ベルトの長さ調整。
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
おおよそのご予算
お名前 ※
E-mail ※
電話番号 ※
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



石川【時計修理工房】

この日報は、 石川【時計修理工房】が執筆しました。

静岡県出身、現在は愛猫2匹と名古屋市に在住。これまでアパレル・販売業に従事しておりました。 時計修理工房の中では新参者ですので、日々たくさんのお時計に触れることが勉強です。特に、お客様や職人さんと世間話やお時計にまつわるお話しをすることが好きです。お電話でのご連絡や、名古屋市西区那古野のサービス窓口にて、お客様にお目にかかる時にはどうぞよろしくお願いいたします。

石川【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA