修理工房の近藤です。本日もたくさんのお問い合わせ、誠にありがとうございます。

本日は、研磨仕上げについてご紹介致します。宜しくお願いします。

今日のお写真【研磨機】

工房にある研磨室の中を覗きました。
研磨室には、数台の研磨機が壁をたどるように設置してあり、磨く際に出る研磨剤のカスを集めるダクトが研磨機の下に付いています。本日のお写真の研磨機はお時計のヘアライン仕上げを行うための研磨機でして、左右に取り付けられているブラシで一本一本丁寧に職人が磨きます。

その他にも、ベルトの駒の間を磨く機械や、洗浄機、エアダスターなど、お時計をより綺麗に磨くための設備が整っております。

研磨の手順を、職人より学びましたのでご紹介します。(ベルトの研磨仕上げ)
1、研磨するベルトを洗浄します。(固着したベルトなどは熱湯で洗浄します)

2、ベルトの鏡面部分、ヘアラインの部分を分ける耐熱シールを貼り付けて、磨いていきます。

3、研磨は一度に全体を研磨するのではなく、少しずつ研磨していき、最後に全体を研磨します。
その後、輝きや、ヘアラインの筋の向きなどを整えます。※この作業を何度も繰り返します。

研磨仕上げをする際、職人が一番気を使う部分は、お時計の形を残す作業です。
ただ研磨をするだけでは、輝くだけで、お時計の綺麗なラインが無くなってしまいます。
研磨で重要なのはお時計のラインを綺麗に出すことなんですね!。

研磨仕上げのみのご要望も承っておりますので、
一部分傷がついてしまった、全体を綺麗にしたい、などのご相談お待ちしております。

今日の業務目標

  • 見積30件以上ご案内する。

今日の業務スケジュール

10:00 – 13:00 -見積作成、ご案内。
14:00 -休憩をいただきました。
15:00 -棚の組み立て。
16:00 –18:00 -見積作成、職人とお話し。

あすへの引き継ぎ事項

  • 見積を30件以上ご案内を目標に見積業務を行う。

日報作成時間

19:00

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社の年末年始の営業は、下記の通りとさせていただきます。

12月28日 10〜13時 短縮営業
12月29日〜1月4日  休業
1月5日〜      通常営業

皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。 私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。 修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。 また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。 お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。 お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA