本日は、プリンターの入れ替えがあり、浮き足立っていたんだと思いますが、
お客様に不快な思いをさせてしまいました。

1.準備がきちんとできていなかった。
時計は準備していたのですが、バンドを別預かりにしていたことを失念

していました。
準備不足を感じ、申し訳ないと思っております。

2.バンドの取り付けをしたことがなかった。
そのバンドを時計に取り付けなければならなかったのですが、初めての経験で
素早く作業することができませんでした。
普段から練習や興味を持って行動するべきでした。

3.時計の吹き上げが不十分だった。
慌てて取り付けを行い、急いでお渡しに向かった為、吹き上げができておらず、
指紋がついて状態で、お時計と見せてしまいました。
大切な時計を預かっている自覚が足りていなかったです。

4.見積もり案内までの期間お待たせしすぎてしまった。
お時計をお預かりして、お見積もりのご連絡を行うまでの期間、3週間と長く
お待たせしてしまい、お客様の期待に添える事ができませんでした。
合わせて、お時計の修理、オーバーホールを受ける事ができませんでした。
工房が混んでいたとはいえ、ご連絡が遅くて不安にさせてしまったのは、
反省し、今後は改善を行えるように見直しをしていきたいです。
また、修理が難しいお時計については、なるべく早くご連絡を行うようにして
いきたいと思います。

以上の問題点、課題を克服(改善)し、お客様に不安や迷惑をおかけしないようにしていきたいと思います。

お客様申し訳ありませんでした。

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA