本日は4年に1度の閏日でした、2月の最終日ということで多くのお客様のご来店、ご注文を賜る事が出来ました。

本来であれば納品させていただくお客様で全てのお客様にご満足していただきたいのですが、やはり不手際といいますか確認のミスでお客様に不愉快な思いをさせしまう場合もございます。本日もバックルの中留の修理をさせていただいたのですが、受注時からバックルの留具の角度が曲がっていたと我々は思っておりましたが、納品時にお客様から「バックルの留具が曲がっている」との指摘を受けました。一旦お預かりし、職人にも確認を行いましたが「修理の工程上、曲げることはないし、もし曲げてしまったら正直に話をします」との事、合わせて修正として曲げ直せるか確認を行ったのですが、「負担がかかる部分なので、曲げなおせば折れるかもしれない」との回答をうけ、正直に報告を行いました。お客様からは「修正できない理由は判ったが、納得出来ない」とのご回答を頂き、一度持ち帰るということで保留になっておりました。

本日お客さまよりご連絡を頂きまして、「お宅に任せたことが失敗であった、時計を返して欲しいと」の事でしたので、再度上長とも相談させて頂き、1.はじめから曲がっていたことを証明できない事、2.気がついた段階で報告をできていなかった事。3.お客様の信頼にこたえることが出来なかった事を反省し、反省の形としてお客さまに納得して頂ける結果をお伝えし、納品させていただきました。

お客様のお時計の最初の状態確認の重要性を認識すと共に、同じ間違えを起こさない様に注意していきたいと考えております。

今日のお時計【OMEGA】

今回のことで、お客様がお時計自体に嫌な思い出を被せてしまうことがない事を願っております。

今日の業務スケジュール

10:0019:00 通常業務 月内見積目標400件なんとか達成できました。

この記事には、まだブランドが関連付けされていません。

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



奥平【時計修理工房】

この日報は、 奥平【時計修理工房】が執筆しました。

幼少の頃は工作方眼紙で飛行機から小物入れ、合体ロボットに至るまで自分で考え、作る事に喜びを感じておりました。 デザイン科を専攻してDTPに触れることで、印刷等のデザインを専門的に学びました。 職歴は店舗の運営や店舗設計、運送会社の運行管理者や、障害者雇用、印刷業務内製化のコンサルタントを経験し、去年より時計修理工房で働かせていただきながら時計の勉強を行う日々です。 色々な企業、業種で培った知識、技術を時計修理工房で活かしていきたいと思っております。

奥平【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA