私たち時計修理工房の業務に関心をお寄せくださいまして、まことにありがとうございます。このページではROLEX(ロレックス)の【リューズ交換】に触れた日報(ブログ)を集めて、ご覧いただけるようにしました。いまROLEX(ロレックス)を所有なさいますお客様のお役に立てば幸いです。

極めて繊細な構造をもつROLEX(ロレックス)は、使い続けるにつれて少しずつ精度が落ちて参ります。この時刻を調整するにはリューズの操作が不可欠ですが、あの王冠型のツカミを回した先には、小さな歯車がございまして、お客様のご自身が時計の内部に働きかける唯一のアプローチ。この、時計の外と中を繋ぐ部分は、わりと頻繁に故障をするところでございます。

腕時計の仕組みに詳しいお客様ならば、すでにご存知かもしれませんが、腕時計のムーブメント(機構)に湿気は禁物です。金属に水分を与えますと、酸化してしまいますから、ROLEX(ロレックス)に限らず高級腕時計は、密封された状態で動くように設計されております。裏蓋にはきっちりとパッキンを当てておりますし、ガラスも微動だにいたしません。空気が混入する余地があるとすれば、締め付けが弱かったか、リューズ(あるいはボタン)の隙間でしょう。

ここからムーブメントに入り込んでしまった空気中の水分が、金属を劣化させて、本来設計された通りの動作をしなくなります。ひどいときには、もっと奥にある部品までに影響を及ぼすこともございましょう。私たち時計修理工房は、それぞれのモデルのリューズをなるべく在庫して、できる限り交換に応じられるようにしております。また、無用なオーバーホール(分解修理)はお勧めしない方針ではございますけれども、【リューズ交換】に限っては別とお考えください。

【リューズ交換】においては、時計全体のチェックとメンテナンスを欠いてはなりません。この小さな部品の不具合を侮ることなく、小さなトラブルの芽を摘むことが私たちの役目であると考えます。状態のチェックを入念にするために、お待たせすることをどうかお許しください。お客様が大切になさいますROLEX(ロレックス)を、お客様以上に大切にしたい…という考えからなります。よろしくお願いいたします。

いずれにせよ私たち時計修理工房は、お客様のご意向を尊重することを第一に考えて、大切なROLEX(ロレックス)を長くご愛用いただけるよう、精一杯のご案内に努める所存です。お時計の状況を拝見して、まずは必要最低限の工程と費用をお伝えするために少しお時間をいただきますが、5年先、10年先も快適にお使いいただけますように、できる限りのことをして差し上げたいと考えております。

なお【オーバーホール】など時計修理の詳細については、弊社のホームページ( www.w-repair.jp )に記載をしております。お困りのこと、お悩みのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。お客様が何より大切になさいますROLEX(ロレックス)を、お客様よりも丁重にお預かりして、ご希望に沿うよう努めてまいります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

もし、お問い合わせを急がれる場合は、こちらよりご相談くださいませ。
→ 時計修理のご相談はこちら




ROLEX(ロレックス)のリューズ交換を承りました

Featured Image

リューズの破損したロレックスをお預かりいたしました。(愛知県安城市/E様)

本日は朝の涼しさに秋を感じましたが、雨もなくいい天気でございました。お電話でたくさんのお問い合わせご相談をいただきまして誠にありがとうございます。本日一番にご来店いただいたE様からお預かりいたしましたロレックスのお時計を… もっと読む »