私たち時計修理工房の業務に関心をお寄せくださいまして、まことにありがとうございます。このページではHAMILTON(ハミルトン)の【ガラス交換】について綴った日報(ブログ)を集めて、ご覧いただけるようにしました。いまHAMILTON(ハミルトン)を所有なさるお客様、いずれお持ちになるお客様のお役に立てば幸いです。

【ガラス交換】と申しますと、ベゼルを外して、不具合のあったガラスを入れ替えればお終い…というイメージがおありかもしれませんが、実際のところ、そこまで簡単な作業ではございません。いえ、作業そのものは簡単なのですが、ガラスを交換せねばならない状況にあるという事実から、HAMILTON(ハミルトン)の時計に何らかの影響を及ぼしていると考えるのが、私たち時計修理工房の仕事でございます。

例えば、ガラスにヒビが生じてしまったとき。表面のカスリ傷くらいならば、さほど気にすることはございませんけれども、もし割れてしまっていた場合には、まずHAMILTON(ハミルトン)の内部に湿気を含んだ空気が混入している可能性がございます。割れてすぐには、目視も体感もできかねますが、ムーブメントにある金属の歯車が少しずつ酸化して錆びますと、これは大きな問題となる次第です。

それから、文字盤に秒針やカレンダーなど凝った意匠が施されているものは、目に見えないほど小さなガラス片がムーブメントに混入して、歯車の動きを妨げることもございます。ときには歯車の隙間に挟まって、作動しなくなったり、無理な力がかかって砕けることも…。ひとつのトラブルがさらなるトラブルを招くことも、決して珍しくはございません。これが【ガラス交換】を慎重にする背景としてご理解ください。

加えて【ガラス交換】は、手前どもの事情で恐れ入りますけれども、HAMILTON(ハミルトン)のお時計、それぞれに適したパーツを在庫せねばなりません。モデルや年式によって採用される素材、形状は異なりまして、私たち時計修理工房は様々なルートでガラスを仕入れるように努めております。しかし、そのすべてを網羅するのは不可能…出番のないガラスの費用を、お客様にご負担いただくことは本意にございません。

ものによっては、HAMILTON(ハミルトン)本社からの供給が止まったガラスもございます。このような場合は、海外のルートに眠る在庫を探ることもありますし、国内の優れたガラスの職人に特注することもございます。もちろん、このようなアプローチを採用する場合は、かならずお客様にお許しをいただいたうえで取り掛かりますが、先にも述べましたように、言葉のイメージよりも一筋縄でいかないのが【ガラス交換】という作業です。

いずれにせよ私たち時計修理工房は、お客様のご意向を尊重することを第一に考えて、大切なHAMILTON(ハミルトン)を長くご愛用いただけるよう、精一杯のご案内に努める所存です。お時計の状況を拝見して、まずは必要最低限の工程と費用をお伝えするために少しお時間をいただきますが、5年先、10年先も快適にお使いいただけますように、できる限りのことをして差し上げたいと考えております。

なお【ガラス交換】など時計修理の詳細については、弊社のホームページ( www.w-repair.jp )に記載をしております。お困りのこと、お悩みのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。お客様が何より大切になさいますHAMILTON(ハミルトン)を、お客様よりも丁重にお預かりして、ご希望に沿うよう努めてまいります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

もし、お問い合わせを急がれる場合は、こちらよりご相談くださいませ。
→ 時計修理のご相談はこちら




HAMILTON(ハミルトン)のガラス交換を承りました

Featured Image

ハミルトンのガラス交換、文字盤の修理を完了いたしました。(大阪府吹田市/I様 )

本日もご来店、お問い合わせをいただきありがとうございました。 時計修理工房の石川から、本日の時計修理業務をご報告するとともに、お客様からお客様よりお預かり致しましたハミルトンのお時計をご紹介致します。 関連するブランド:… もっと読む »