修理工房の近藤です。本日もたくさんのご来店、誠にありがとうございます。
本日は、カシオのG-SHOCKをご紹介致します。宜しくお願いします。

今日のお時計【カシオ】

1994年に発売された、DW-6500J−1Aでございます。
こちらのモデルは、初めて圧力センサーを内蔵し、気圧・高度・水深の計測が可能になったG-SHOCKでして、
左側の突出部にセンサーが位置しております。G-SHOCKのロゴにはブランドカラーのレッドを用意られており、
黒のケースが強調されます。

今回は、電池交換を行いました。
G-SHOCKをご愛用のお客様はご存知かと存じますが、G-SHOCKの多くは電池が2つ搭載されており、
バックライト機能の為の電池や、アナログの針を動かす為の電池など、モデルにより様々でございます。

G-SHOCKは何と言っても、強さが売りでございます。
お客様は、お父様から譲り受け長年ご愛用いしているそうですが、外装の部品に損傷や、
ベルトの切れなどはございません。ご購入から20年以上ということもあり、メーカーではボタンの固着と
ベゼルの劣化が理由で修理を受けれなかったそうですが、現在は問題ございません。

防水テストは、
メーカーでも劣化していると判断されていたベゼルの強度不良が見受けられるため、非防水の状態でございましたが、
これからも大切にご使用頂ければと存じます。

大切なお時計のお預けありがとうございました。

今日の業務目標

・見積り25件ご案内。

今日の業務スケジュール

10:0012:00 -見積り作成ご案内。
13:00 -休憩を頂きました。
14:00 –19:00 -お時計の受付、状態確認、写真撮影、窓口対応。

あすへの引き継ぎ事項

・見積り25件ご案内。

日報作成時間

19:00

修理工房 近藤へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド
(分かれば機種名も)
ご相談の内容 ※ 作動しない。クロノグラフ不具合。カレンダーの不具合。時計の遅れ/進み。リューズの破損。押しボタンの不具合。風防/ガラスの交換。文字盤の破損/汚れ。12時位置の針ずれ。針のぐらつき/脱落。ベゼルの傷・破損。ベルトの傷・破損。ベルト交換。オーバーホール。時計外装の研磨。電池交換。ベルトの長さ調整。
おおよそのご予算
保険の使用 保険は使わない。携行品の保険を適用したい。家財保険を適用したい。
お名前 ※
E-mail ※
電話番号 ※
郵便番号
郵送パックお届け先
その他のご要望

 

 

日本全国から時計修理を承っております。
よろしければこちらの「時計修理について」もあわせてご覧ください。



近藤【時計修理工房】

この日報は、 近藤【時計修理工房】が執筆しました。

4月より時計修理工房でお世話になっておりまして毎日お時計の勉強に励んでおります新人の近藤です。幼い頃から自由に育てられ、気がつけば異端児と言われるくらい変わった性格になっていました。雑学が大好きで毎日どうでもいい知識を集め、活かしながら生活しています。その他車が大好きでして、週末は幼い頃から夢であったスポーツカーに乗ってフラフラしています。お客様のお時計の思い入れを聞きながら、お預かりのメモを取らせていただくことが今一番の楽しみです!窓口でご対応させていただく機会がございましたら是非愛用されているお時計のお話たくさんお聞かせください。お待ちしております。

近藤【時計修理工房】が綴った日報の一覧はこちら。

私たち時計修理工房は、
1日あたり20本以上の時計をお預かりしております。

とりあえず相談はこちらから。どのお客様にも、お時計を拝見してからお見積もりをご提供。お見積もりのあと、92%のお客様からご依頼を頂いております。

▲もし、私たち時計修理工房がお客様のお役に立てるようでしたら、お気軽にご相談ください。ロレックス、オメガをはじめ、無名のブランドの腕時計もできる限りサポートさせていただきます。いつかお客様のお時計を、この「時計修理工房の日々」でご紹介できることを楽しみにして、お問い合わせをお待ちしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA